白雪ふきん展 刺し子の時間

f0045982_21551382.jpg

スペースR×一日舍『毎日使うもの 白雪ふきん展』2回目の週末、
刺し子のワークショップがありました。
2日間、たくさんの方にご参加いただき、
みなさん、もくもくと刺し子に熱中されていて
スタッフ一同うれしい気持ちでいっぱい、ありがとうございました。

刺し子はほつれた布を長持ちさせるために生まれた生活の知恵。
ワークショップのあと、刺し子作家の平山さんたちとお茶をしながら
こんなものも刺し子でできるのでは!?とか話がはずんで楽しかったです。
これをきっかけにまたおもしろいことができたなら。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

今週末は思い切って仕事を忘れてリフレッシュ!
お茶のお稽古に始まって
ひさびさに心禄ヒーリングハンズでフラワーエッセンスをして
友だちとごはんを食べて、もやもやがだいぶん晴れました。
自分の居場所を確かめた感じというか。
白雪ふきん展にお世話になっている鍼灸の先生、
ブログを通じて出会ったekla-cafeさんにも来ていただいて
私たちがいない間にカメラマンさんものぞいてくださっていたことがわかったり。
ようやく誕生日のお祝いが渡せた、セラピストのたかちゃん、ノッチ。
ヨーコ似さんからは素敵(というかおもしろ)な手紙が届き、
いびきガール(屋久島などなどの旅友でもある)&旧知のカメラマンさんとも会えて
とても幸せです。
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2009-03-08 22:10 | イベント情報


<< 桜が咲く前の、吉野 いびき >>