丹波篠山のやきものの里へ

ひさしぶりに丹波篠山のやきものの里まで。
klokkenさんと素敵な窯元を探して訪ねて以来、
のどかさはあいかわらずです。

前回は散策することがなかったのですが
なだらかな山裾に集落が広がって、なんともいい風情。

f0045982_23261092.jpg

こんな立派なのぼり窯の跡も!

ちょうど火入れをしているのぼり窯もあって
立ち上る煙がまたやきものの里らしくてよかったです。

お昼ごはんは兵庫陶芸美術館内にある、アルミュゼオ茜で。
本店のイタリアンダイニング茜は、篠山にある茅葺きの一軒家。
おいしいと評判のお店、まさか姉妹店があるなんてラッキー。

f0045982_2332477.jpgランチの前菜はちょっとずついろんな味。サーモンマリネと篠山米の手鞠寿司、レンコンとキュウリのサラダ、タコとポテト緒のサラダ、生ハムとインゲン豆にオリーブソース…など、ご覧の通り、野菜尽くしです。とうもろこし好きなので、自然な甘さに悶えました!



f0045982_233457100.jpgパスタは2種類から選べます。わたしはトマトソースに。ツナとキャベツ、ブロッコリーなど、こちらも野菜いっぱい。茜は農園も運営していて、野菜は減農薬の有機栽培。地産地消を提案しているのです。

もうひとつのパスタは赤タマネギやベーコンなど、これがまたおいしそうで隣の芝生が青く見えました。

パン(添えられたオリーブオイルも上品でよかった!)、ジェラートと飲み物が付いて、1680円。300円プラスでデザート3種盛りにもできます。



兵庫陶芸美術館は、はじめてだったけれどホテルのような
ゆとりのつくりでびっくりしました。穴場です。
特別展と別にテーマ展として
9月23日まで、富本憲吉展を一部屋開催中で
素敵すぎて興奮しました!!!!
絵つけの潔さ、ライフワークだったという白磁の美しさ、、、もうほれぼれ。

いいときに来られてよかった、みなさまもチャンスあれば。
ドライブ向きのロケーションです。
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2009-07-17 23:50 | 旅のはなし


<< 文庫本を山積みにして 夏の宵のあり方 >>