うすくち醤油ができるまで

朝早くから電車に揺られて龍野まで。
うすくち醤油ができるまでを
見学してきました。

大豆と小麦、赤穂の塩、揖保川の水、
そして甘酒でうすくち醤油はできあがります。
f0045982_2314352.jpg

原料の貯蔵タンクはこうしてツタが絡まって
温度調節しているのです!すごい!
ほかにも昔の人の知恵におどろくばかり……

熟成中の醤油のいいにおいにもうっとり、
ちょっとワインにも似ているような!?
もののできるまでを見るのはとても楽しい。

お昼ごはんはしょう油と並ぶ名物の素麺尽くし。
f0045982_23175274.jpg

煮麺ってなんでこうも優しいんでしょうか!
ほか素麺を使ったお寿司、磯辺揚げなど……
f0045982_23184794.jpg

さらにデザートまで素麺!
こしあんの真ん中の、白い部分が素麺なのです。
さっぱりした甘さ。
こういう産地の名物尽くしっておもしろいですよね、
なるほど、そう来たか…とか思って。
f0045982_232158.jpg

風情ある町並みが残る龍野は母の地元、
なので私にとって子どもの頃から親しんできた場所で
おばあちゃんところにしょっちゅう来ているけれど
そうそう観光はしないし
こうして仕事で来るのははじめてで
知らなかったことがいろいろわかってとても楽しかったです。
ディスカバリー龍野!

どうしてしょう油づくりが始まったかとか、
わくわくしました。そうだったのか、なるほどと。
EEIEにていずれご紹介します、またぜひ。
ちなみにいまは大山崎のレリッシュ、
森かおるさんの炊き込みごはんレシピがアップされたばかり。
おいしかったごはん……思い出してしまう!
[PR]
by ichinichisya | 2010-10-13 23:32 | 旅のはなし


<< 林檎のキャラメリゼ、アイスクリ... 笑える話がイチバンのクスリ >>