caminorutaの「毎日つかう、おいしい器」展スタート

いよいよ本日6月8日(土)から芦屋のSPACE Rにて
caminorutaの「毎日つかう、おいしい器」展がはじまります。
*写真は前回のものです*

caminorutaの店主きゅうちゃんは
お父さんのご実家が小鹿田焼の窯元です。
江戸時代中期、大分県の小鹿田ではじまり、
飛び鉋や刷毛目を受け継ぐ小鹿田焼は一子相伝!

どんなごはんも大らかに受け止める日用のうつわ。
ふだん気負わず使えるように手頃なお値段なのも嬉しい。

物心ついたときから小鹿田焼に親しんできた
店主のきゅうちゃんはその魅力も、うつわができるまでの道のりも
よくよく知っています。
ぜひお話ししてみてください、知ればさらに愛着がわきますよ!

f0045982_8575580.jpg

9日(日)には一日舎としてワークショップをさせていただくことになりまして
おかげさまで1部、2部共に満席となりました。
ありがとうございます。
一日舎のジャムは2種類を本日から販売します。

会期中は毎週日曜に食のスペシャルイベントがありますよ!
おいしいものとうつわのコラボをお楽しみに!→SPACE R

■acusu × 六珈 × caminoruta
「おいしい器、おやつの時間」 (要予約)

日時:6月16日(日) 11:00~12:30/14:00~15:30/17:00~18:30
定員:各8名様まで 参加費:2,800円(税込)

■かもめ食堂 × caminoruta
「おいしい器、おかずの時間」 (要予約)

日時:6月23日(日) 17:00~19:00
定員:30名様まで 参加費:3,500円(税込)

f0045982_8581069.jpg

写真はどちらも前回のもの、
芍薬を手におとずれたのが1年前、今年はどんなうつわと出会えるか、楽しみです。
[PR]
by ichinichisya | 2013-06-08 09:04 | イベント情報


<< 一日舎×caminoruta「... ジュンク堂千日前店「江戸な日用... >>