植物園のお茶会へ

京都府立植物園のお茶会へ。
無茶空茶さんで棗茶、インド料理タルカさんでチャイ、
好日居さんではタイでつくられた烏龍茶、
そして、ランディーさんの薄茶一服。

雨模様だったのですが
はじめの一杯、
無茶空茶さんの棗茶でからだがあたたまって
たまたま同じテーブルについた方とお話しして
たちまちほろほろとリラックス。
お茶と植物には
人の心をオープンにする、
目に見えないチカラがありますね。

好日居さんではいっしょになった5名で三煎。
タイの烏龍茶なんておどろきでしたがとてもクオリティが高く
香りと甘みに五感がわあっと目を覚さました。
小雨のあとのしっとりとした緑の色とひんやりとした空気が
中国茶のお点前にとてもあっていました。

いつもは珈琲のわたしですが
お茶もいい。
見えるもの、感じるものが、クリアになる気がしました。

f0045982_1965377.jpg

[PR]
by ichinichisya | 2013-11-04 19:07 | イベント情報


<< 杉本祐子個展「selfish;... kitの山形芋煮会、好日居にて >>