カテゴリ:仕事のはなし( 89 )

京都、日々の手帖をはじめます

2017年、立春を迎えて
あたらしいブログをはじめることにしました。

京都 日々の手帖

京都にふたたび暮らしはじめて
だんだんと書きたいことが降り積もって
あらたにはじめることにしました。

ひさしぶりにブログは思うようにはかどらないこともありますが
あらたな場ができたことが楽しくて
ああ、いつのまにか書きたくてうずうずしていたのだなと思います。

更新できていませんでしたけど!
一日舍の活動はこちらでもまた
報告できましたら。

シアトルで出合った風景とともに
あたたかな春へ向けて。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

f0045982_12112671.jpg

[PR]
by ichinichisya | 2017-02-11 12:13 | 仕事のはなし

PIE BOOKS「かわいいネットショップ」&リンネル「やさしい沖縄」

f0045982_221249100.jpg

「かわいいネットショップ わたしだけのお店づくり」(PIE BOOKS)にて
caminoruta、nuri candle、turnover、ブックスリパブリックを取材しました。
ご紹介したいところばかりだったので
素敵な本になってとても嬉しいのです。

おなじみcaminorutaさんは芦屋のスペースRにて
「毎日つかう、おいしい器」展を開催中。
小鹿田焼についてあらためてうかがえてうれしい時間でした。

キャンドル作家のnuri candleさんは
個展にもうかがわせてもらってつながりがもててしあわせ。
はじめの写真はnuriさんのアトリエから、シロクマももちろんキャンドル!

猫と本と暮らすお住まいが素敵で、はじめてお会いしたのにそんな気がしなくて
暗くなるまで話し込んでしまった、古書を扱うブックスリパブリックさん。
f0045982_2224310.jpg


そして、以前からTwitterでやりとりさせてもらっていて
ようやくお会いして、香りと手触りに安らぐ、
圧縮ヒノキの木工品を手にすることができたturnoverさん。

みなさん、本当にお会いできてよかった!と思える
素敵な店主さんで、こんなときは
この仕事していてよかった!と心から思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。

f0045982_22172863.jpg

表紙はアトリエナルセさんのテキスタイルデザインから。
さまざまなものを扱う全国各地の店主さんたちは、
アトリエも生き方もおもしろいのでぜひご一読いただけたら。

そして本日届いた一冊、
リンネル別冊「やさしい沖縄」
沖縄ラバーとして!ちらりと登場させてもらっています。
今行きたいお店がたくさん載っているうえ、
巻頭特集には菊池亜希子ちゃん!
こちらも本屋さんでページをめくってみてくださいまし。
f0045982_22161962.jpg

[PR]
by ichinichisya | 2013-06-13 22:34 | 仕事のはなし

173話のストーリー

気づけば3年とちょっと。
週に一回もくもくと書いてきた連載が終わりました。
というかウェブサイトそのものが終わるのです。

女性のためのウェブマガジン
フィーメール
ものすごくあっけなく
担当者さんからとつぜんのご連絡で
お別れの言葉を書くこともできませんでした。

しかしまさかこんなに長く続くとは
思いもよらず、ちょっとやってみようと始めて
173回!!!

この連載で出会った大事な人たちもたくさんあって
自分の力試しでもあった
とても大事な連載でした。
編集担当さんとインタビューの話、映画の話で盛り上がるのも楽しくて
彼女とのやりとりは週に一度の往復書簡みたいでした。

出張があるときなぞちょっとたいへんでしたが
自由気ままにやらせてもらえて
ありがたかったです。
読者の方のアンケートでも好きなページ1位に
あげていただいたことがあって
すごくうれしかった。

でも始まりがあれば終わりがある。
今年は本がひとつできたこともあってか、
なくなることにへこまず
これもひとつの節目と落ち着いて受け止めることができました。

サイトが見られるのは10月末まで
あと半月ばかりです。
第一回の原稿はめちゃ短かったり
旅の話なんかも書いて
ほんとに私のストーリーでもあります。

終わるのはともかく
このページがウェブからなくなるのはさみしい。
まだあるあいだによかったらご覧くださいませ。
おとなのひとり時間バックナンバー → 
[PR]
by ichinichisya | 2010-10-15 14:42 | 仕事のはなし

はじめての本『はじめまして京都』10 月発売です

この身を捧げてきた本の仕事、
ようやく校了いたしました!

あらためまして、はじめての本
『はじめまして京都』PIE BOOKSから10月発売です。→
ウェブショップ雑貨店おやつ
トノイケミキさんとの共著です。

お話をいただいたのが4月。
およそ半年間にわたってここまでたどりつきました。
この夏はくりかえしますが熱闘甲子園さながら……
灼熱の京都で汗だくになりながらの取材。

撮影さえ終わればあとは書くだけ、
自分のペースでやれるから大丈夫……と思っていたらば
本一冊作るというのは容易でなく!
書くだけではすまないさまざまな仕事が
連日だだだだ……と押し寄せて
我が身を捧げるかかりきりの日々となったのでした。

けれど終わってみれば
ほんとにがんばったぶん
達成感が大波となって押し寄せて
感激屋なものでほんと
富士山で感じたような感動でありました。

いろんな人に助けてもらってここまでこれたんだなって思うし、
最初から最後までコツコツがんばれたこともうれしかった。

最近はお話をうかがって書く、
いわばオーケストラで自分のパートのみ演奏をしている感じだったのが
今回は違いました。
自分たちでつくっていく実感がとても大きかった。

まだ本を手にしていないので
出来上がりがどうなっているか
ドキドキしますが
一生懸命やったことは確かな実感です。
チカラになってくださった
大好きな人たちの話しもここに書き留めたいと思います。

みなさま「はじ京」、
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by ichinichisya | 2010-09-17 11:57 | 仕事のはなし

いよいよ夏合宿も終わり!?

ふたたび時間があいてしまいましたけど
今年の夏はホントに「熱闘甲子園」でした。
熱く燃えて!?せっせと仕事した夏。
実際ものすごく暑かったし、汗いっぱいかきました……
ときに体内の20%は出たんちゃうかと思うほどに。

ようやく夏合宿状態は終わり(たぶん!)
まだまだ荒波が予想されますけど
それでも原稿がすべて書きあがったのは大きい!

ああ。ちょっとほっとしました。
予想よりもずっと長い道のりでした……
本を作るってやっぱりたいへん。
やることいっぱいで
書くことはあくまで一部なんだなと思うほど。
ずっと本作りに関わってきておいてなんですが。
新たなる経験であり、
自分のこれまでやってきたことを
試される時間でもありました。

忙しいあまりにいつもの仕事の
スケジュールをずいぶん調整していただいたり
日程がうまく合わずできなかったこともあって
本当に申し訳なく、そしてそんな私にみんな
力になってくださって本当に感謝の夏です。

とはいえ、まだあとひと月!
さあどうなることでしょう!?

友だちのトノイケミキさんと共著、京都の本。
「はじめまして京都」
ピエブックスから10月発売予定です。
はじめて自分の名前で出る本、
いつもの仕事とはやっぱりちょっとずつ
いろんなことが違います。

くわしくはまたおいおい。
ご縁を運んでくれた大好きなあのひとたちのこと、
力になってくれたカメラマンさん、スタイリストさん、
話したいことは山盛りで
この経験で一冊書けるくらい!?(笑)
本当はブログも別に始めるつもりだったのに
ここまでそんな余裕ゼロでした……!
ちょっとずつでもご報告してきます。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by ichinichisya | 2010-08-29 23:10 | 仕事のはなし

どんだけ優しいの

雨が降るのはひさしぶり。
夜風が涼しくて恵みの雨。

朝から電車に乗って草津まで
大阪からは1時間ほど、あんがい近い。
でも電車代は1100円。
毎日通うにはキビシイ金額ですね。

草津は家具職人のtributeさんの住まいをたずねて。
素敵な家具はdiechさんで出合えます。
9月に展示会があるそう、ご近所なのでのぞかなくちゃ。
あとはリクエストに応じてじっくり打ち合わせして
ひとつずつはじめからおわりまで自分の手で家具作り。

部屋の窓からは田んぼが見えてきれいでした。
田んぼの中のこんもりとした木々には神社があるんですって。
とてもいいフンイキ。
リシェ10月号でご紹介しますのでぜひ。
f0045982_2334813.jpg


帰りはカメラマンさんの車に便乗、
SAでは滋賀県らしいものを!と
近江牛のすき焼き定食、
ところが夏場で生卵がついてなくて代わりにコロッケ、
だからなんだか肉じゃがみたいでした。

もうひとつ気になったのが
うばがもち
名物らしいがはじめて見ましたよ。
いつもとにかく優しいカメラマンさんが
「食べたいよね?」と買ってくれましたーー
年下やのに優しいなーもーーありがとう。
f0045982_238293.jpg

車中でいただいてみたところ
真ん中に餅はあるもののあんこが主役。
赤福みたいな感じ。

そうコメントするとカメラマンさんったら
「わー僕、それは苦手かも。3箱パックやから1箱もらってください!」と!
なんでなん、その優しさ!
編集ガールと二人、ありがたくちょうだいしました!

「雨やから」と高速下りてからも
家の前まで送ってくれて……ほんまいつも優しいな。
なごやかな誕生祭だったmarimaringさんもそうやけど
人柄って大事。
また仕事いっしょにしたいと思う気持ちになるかどうか、
そういうの絶対的にあるのです。
[PR]
by ichinichisya | 2010-07-29 23:19 | 仕事のはなし

激走の乙女ロード

乙女ロードを走りつづけて
ようやく完走!バンザイ!

乙女の気持ちで書く仕事は
いつも夢中でエスカレートしてしまうのですが
今回はなかなか出てきてくれなくてうんうん…
でも最後は大暴れしてくれました。ふー。
やっぱりふだんから乙女にも出てきてもらっとかんとだめですね。
引き出しの鍵が錆び付いているのか…やばいです。

ともかく手直ししたいところはありますが
乙女ロードはなかなかの峠だったので
ちょっとほっとしました。

ああしかしまだまだやることたくさん。
気が焦る一週間になりそうです。

あ、でもW杯はやっぱり見ちゃいますね。
ひさびさに観戦のひやひやを思い出しました。
サッカーって一瞬のことで点が入るでしょ、
野球もホームランで1点ってあるけど
なんか競り合いの、あの一瞬の感じが
ものすごくひやひやするんですよね。

ともかく勝ってよかった。
勝つか負けるかで気持ちが天と地。
これがスポーツですね。
[PR]
by ichinichisya | 2010-06-15 13:33 | 仕事のはなし

お母さんたちの時代

いつものお家におじゃまする取材、
お母さん世代の台所が見たくて
同い年女子&お母さんの住まいに。

素敵でした。
みなさんとお会いしたことがあって
素敵にちがいないと予想していたのですが
やっぱりでした。

アンティークや料理道具をたくさん持ってらして
でも飾るためのコレクションでなく
すべてちゃんと使うため。
キッチンの工夫もひとつひとつ生活に根ざしていて
楽しんで快適にしてはるのです。

私たちが子どもの頃、
お母さんたちは今と違って
まだ食材もレシピもそんなにない中で
工夫して、想像して、一生懸命働いて
おいしいものを家族に食べさせてくれてたのだなあと
感心と尊敬でいっぱいです。

お話がまためちゃおもしろくて!
テーマとはまた違う、
子育てや暮らしのエピソードが最高で!
世に出ないのはもったいないですーー

お母さん世代のお話を
もっともっとうかがいたくなりました、
残しておかなあかん気がする、
モノにあふれた今やからこそ。

このあいだデザインについておじさまたちから
お話をうかがってカタチになったわけですが
同じ時代を生きてきた女性たちのこともとても気になります。
なんかできたらいいな。。うむ。

母娘関係の楽しさもあらためて実感。
女ってやっぱりおもしろいなー。
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2010-06-13 23:24 | 仕事のはなし

デザインから大阪を見つめる

とにかく四苦八苦した
対談をまとめるお仕事がカタチになりまして
今晩は打ち上げ。

『デザインから大阪を見つめる』という
一冊の小冊子になりました、
たぶん淀屋橋のodonaなどで手に入ると思うのですが。
自分で言うのもなんですが
素晴らしいクオリティなのに無料配布です!

ダイハツや松下電器の一線で活躍されてきた
大阪発信のプロダクトデザイナーのみなさまのナマのお話しを
集約しています。

今夜の話しもおもしろくて
聴衆が私たちだけなんてもったいないくらい
みなさま造詣が深くて勉強になることばかり。
お酒が入っているせいか、エロチシズム×デザインなんて
話しにも発展してとてもおもしろかったです。

いやーほんと仕事でご一緒させていただいたのは
50〜70歳代のみなさまなのですが
男性として格好良くいきいきされていて
尊敬します。
f0045982_2385457.jpg

酔っぱらった帰り道、
ご近所の玄関先で
月下美人が満開でした。
仕事はたまっているけれど!
行ってよかったなー
きっとまたご一緒する予感がします。
メンバーに加えていただいて感謝。
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2010-06-10 23:09 | 仕事のはなし

水辺に育つ植物専門!

いつもより早起きして電車に揺られ
城陽市にある杜若園芸さんまで。
水生植物を専門に扱う全国でもめずらしいところです。
苗を育て、卸し、直売もしているので
入門にもマニアにも最適です。

水生植物とは水辺〜水中まで
とにかく水に浸ったり、浮かんだりしている植物全般、
育て方が意外にもカンタンで
お水の温度変化に気をつけて
ちゃんと水換えしてあげるくらいで大丈夫なんですって
もっとムズカシイものかと思っていました、
目からウロコです。
f0045982_1943477.jpg

始めるにはちょうど今からがいいんですって、
温室ではいろんな色の睡蓮が咲いていました。
庭がなくても鉢があれば睡蓮も育てられるのです、素敵です。

くわしくはEEIEにて、7月更新です。
あ、以前お話ししたキモノ*スイーツさんのキモノ案内
本日アップになりましたのでご興味あればぜひ。
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2010-06-09 20:00 | 仕事のはなし