カテゴリ:旅のはなし( 199 )

大好きなタイ、4回目の旅

12月は怒濤の忙しさをすり抜けて
大好きなタイに行ってきました!!!!
f0045982_21462136.jpg

タイは常夏、最も過ごしやすい乾期。
寒いニッポンとは大違い、南国パラダイスです。
出発のギリギリまで校正に追われていた私ですが
すべてを忘れましたよ、ええ。
だってこんなにも美しいんですよ!!!
日々のわさわさがささやかに思えます!!!
f0045982_2153655.jpg

まずは日本人がまだまだ少ないクラビ、
北欧からバカンスでロングステイする人たちが多いのです。
さっそくアイランドホッピングへ!
f0045982_21555191.jpg

ここは引き潮のあいだだけ真っ白な砂浜が現れて
お隣の島まで歩いて渡れます。
水が澄んでいてほんとにビューティフル!

しかし……しばらくのんびりしていたら
潮が満ちてきて帰りは水の中を
ばしゃばしゃきゃーきゃー歩くはめになりましたが!
それもまた楽しかった。
f0045982_221355.jpg

タイの屋台スイーツ、ロティを見つめる少年、
かわゆいーー。このあとちゃんと買ってもらってました。

クラビ〜ピピ〜プーケットにわたる
タイ旅は1月23日発売のSAVVY3月号にてご紹介します!
カメラマンは私たちのアイドル清水奈緒ちゃん、
めちゃ素敵です。大笑いしました。←そっち!?
12月30日までかかって仕上げましたのでぜひ!
タイ旅便りはもうちょっとつづけていきます。
↑ぜんぜんブログアップできていないですけどね!!!
[PR]
by ichinichisya | 2011-01-16 22:07 | 旅のはなし

うすくち醤油ができるまで

朝早くから電車に揺られて龍野まで。
うすくち醤油ができるまでを
見学してきました。

大豆と小麦、赤穂の塩、揖保川の水、
そして甘酒でうすくち醤油はできあがります。
f0045982_2314352.jpg

原料の貯蔵タンクはこうしてツタが絡まって
温度調節しているのです!すごい!
ほかにも昔の人の知恵におどろくばかり……

熟成中の醤油のいいにおいにもうっとり、
ちょっとワインにも似ているような!?
もののできるまでを見るのはとても楽しい。

お昼ごはんはしょう油と並ぶ名物の素麺尽くし。
f0045982_23175274.jpg

煮麺ってなんでこうも優しいんでしょうか!
ほか素麺を使ったお寿司、磯辺揚げなど……
f0045982_23184794.jpg

さらにデザートまで素麺!
こしあんの真ん中の、白い部分が素麺なのです。
さっぱりした甘さ。
こういう産地の名物尽くしっておもしろいですよね、
なるほど、そう来たか…とか思って。
f0045982_232158.jpg

風情ある町並みが残る龍野は母の地元、
なので私にとって子どもの頃から親しんできた場所で
おばあちゃんところにしょっちゅう来ているけれど
そうそう観光はしないし
こうして仕事で来るのははじめてで
知らなかったことがいろいろわかってとても楽しかったです。
ディスカバリー龍野!

どうしてしょう油づくりが始まったかとか、
わくわくしました。そうだったのか、なるほどと。
EEIEにていずれご紹介します、またぜひ。
ちなみにいまは大山崎のレリッシュ、
森かおるさんの炊き込みごはんレシピがアップされたばかり。
おいしかったごはん……思い出してしまう!
[PR]
by ichinichisya | 2010-10-13 23:32 | 旅のはなし

屋久島から、ただいま

今年2度目の屋久島旅から帰ってきました。
今回はプライベート!
唯一の夏休みらしい3日間でした。
f0045982_22503456.jpg

ずっと屋久島に行ってみたいと言っていた両親と、
仲良くしていただいている素敵なご夫婦と5人旅。
予想以上にいい旅で
一生懸命アテンドしたかいがありました。

しかし……旅の始まりはいきなり!
母からもらってずっと愛用していた鈴の紐が切れて!
出かける直前に玄関先でひーとなり、
ややへこんだ気持ちで空港に着いたらば、
屋久島行きの直行便が飛行機の整備不良で
飛ばないかもしれない!?と言われて……!!!

こんなこと初めてでした!
近づいているという台風のせいでなく
整備不良で飛ばないかもって……なんだそれという気持ち。

もし飛ばなかったら
鹿児島乗り継ぎに振り替え→到着が大幅に遅れてしまう…!
明日の便に振り替え→ホテルやらなんやら現地の予約は…!?
払い戻し……→現地でのキャンセル料はJALもち?じゃなく??

アタマをよぎるさまざまな憶測。
いやはやどうなるかと思いましたが
さすが同行者たちは50歳オーバー、みんな年の功です、
穏やかなごやかな雰囲気、
トラブルも笑い飛ばす余裕。
はー人生経験が違います。

そんなこんなで結局、ほぼ1時間後に
飛ぶという結果が出て、今度は大慌てでチェックイン!
そしたら2名が手荷物にはさみを入れていたという
ありえない面倒なことまで起こって
もうほんまだんだん笑えてきました。

なんかこういうトラブルがあったことで
よりいっそう旅がおもしろく
そしてありがたいものとなった気がします。

よくインドはよばれていくといいますが
屋久島にもそんなご縁を感じていて。
もちろん行きたい気持ちありきですけど
なかなか日程が合わず行けないという話しもよく聞くし
日数もお金もそれなりにかかりますから
やっぱりご縁があってたどり着く場所なのかななんて。

だからこそこうして旅することになるということは
何かしら屋久島から受け取るものがあるんじゃないかなって
これで3度目ですけどそんなふうに思えてしまう。

両親にもぜひ見てほしい景色だったので
元気にこうしていっしょに来られたのは
本当に嬉しかった。
飛行機の中でちょっと泣ける気分でした。

今回も短い滞在とはいえ
心はすっきりとして前向きになった気がします。
また行くからね!
[PR]
by ichinichisya | 2010-09-03 00:13 | 旅のはなし

シアトル旅から 夢のような日々でした…

シアトル旅からはこれにて終わりです。
ああ夢のような日々でした。
あれから……怒濤の一ヶ月だった気がします。

思えばあれが私の夏休み?
いやいやまだまだお楽しみはあるのさ!
宿題も山のようにあるのだけれどね!
f0045982_2052527.jpg

大好きな滝にも行けました。
ご覧の通りめちゃめちゃ離れているのに
水しぶきが飛んできているのですよ!
マイナスイオンのシャワーでしたー

ここはツインピークスのロケ地としても有名、
でもどこの場面で出てきたのか……
あんなに夢中で観ていたのに全く思い出せない。
記憶って曖昧ですね。
f0045982_20382213.jpg

帰りもラウンジにて待たせていただきました!
ビールを飲みながらシアトルにお別れ。

次回は世界遺産のオリンピック国立公園に行きたい!
願えばきっと叶うのです。
[PR]
by ichinichisya | 2010-08-09 20:36 | 旅のはなし

シアトル旅から リゾートロッジ

ワイナリーめぐりの起点は
ウィローズロッジ!
f0045982_2393495.jpg

素敵な場所ですよ。
リラックスして食とワインを楽しむ
完全に大人モードなフンイキ。
f0045982_2314458.jpg

ウエルカムドリンクにワインです。
ああもうくつろいでよと言わんばかり。
ワイナリーのある町らしいもてなしです。
f0045982_23155232.jpg

ゲストルームには暖炉ですよ!
ロッジとはいえインテリアはとてもモダン。
バスルームがまた快適で、
最近よくある部屋から丸見えタイプですけど
こういうリゾートでは窓からの緑も見えてちょうどいいんですよね。
f0045982_23174562.jpg

レストランも有名でここ目当てに来るビジターもあるほど。
もちろんワインリストも充実です。
朝食は、シアトルの想い出に
スモークサーモンのベーグルサンドをオーダー!

……こんなにサーモンとケッパーが山盛りって
日本では絶対にできない贅沢でしょ!?
かなりおなかいっぱいになりましたよ。

ワイナリーめぐりするならぜひここに!
[PR]
by ichinichisya | 2010-08-06 23:22 | 旅のはなし

シアトル旅から ワイナリーめぐり

シアトルの中心地から車で1時間くらいの
近郊にワイナリーが集まっています。
ここがまた楽し過ぎた……もっといたかったよ!!!

ワシントン州はブドウの栽培がさかんで
若くしてひと財産稼いだセレブたちが
「自分好みのワインが作りたい」と!
採算云々よりも趣味に近い感じで!
運営しているワイナリーもあるとか!!!

ひやー次元が違いますけど
そういえばSATCのビッグもワイナリーやるって
とつぜん田舎暮らしを始めてましたよね!?
ほんまにセレブのひとつのカタチなんですね。
f0045982_2351459.jpg

中にはこんな都会的なワイナリーも!!!
スタンディングのカウンターでテイスティングができます、
有料ですけど割安だし、飲み比べができるので楽しい!
タパスもあるんですよ、もーー何時間でもいちゃいそう!

そのうえすごくワインおいしくて。
持ち帰るのたいへんやしな…と躊躇した自分のバカ!とあとで思いました。
便利な梱包材もあるので旅先では迷わず買うべきですね……
大きなメーカーならともかく生産量にも限りがあって
なかなか日本では飲めないものもあるんですもん。

さらにもうひとつうかがったワイナリーは
全くイメージが違う、お屋敷風。
f0045982_2384775.jpg

嬉しいことに日本語ができるガイドさんがいてはります。
私たちを案内してくれてたコーディネーターさんとガイドさんが
互いに日本語で話すシーンがなんかほほえましかったです。

こちらは工場見学ツアーがあって、テイスティングもできます。
いろんな種類を作っていて
スパークリング、白、赤、デザートワイン、アイスワイン……
いやもうだから楽しすぎるって!

さらにこのエリアのすごいところは
地ビール工場まであるんですよ!すぐ近くに!
「……ここ天国スか」とカメラマンさん、同意。
f0045982_2312398.jpg

つづいてビールのテイスティング!イエーイ!
ここでも年齢チェックありますので
みなさん、くれぐれもパスポートなど身分証明書持参で。

この魅惑のエリアには
素敵なリゾートロッジがありまして
そこに泊まって思いきり飲むのがおすすめです。
ロッジに泊まっておいしいもん食べて、ワインにビールって
まあほんと大人のための場所ですよ、
いいなーーこんな遊び方!

まだまだ日本では知られていないと思いますが
シアトルはホントいいですよ、
治安もいいのでNYみたいにスタスタ歩かなくていいし
天候も快適やし、オーガニックにもこだわっていて
ごはんも日本人に合うと思います。
ぜひ旅の選択肢のひとつに!
くわしくはSAVVY9月号で、ただいま発売中の大阪特集号ですよ。
[PR]
by ichinichisya | 2010-08-04 23:18 | 旅のはなし

シアトル旅から ソレントホテル

シアトルで泊まったのは、ソレントホテル。
なんかロシアっぽい名前ですが……
100年の歴史をもつシアトル随一のクラシックホテルです。
f0045982_22484079.jpg

よかったですよ!ここ!
最近、どこのホテルも似たようなモダンなデザインだけに
昔のまんまのフンイキを残しつつ
ゲストルームは快適にリフォームしていて。
f0045982_2250634.jpg

ちょっと長めのステイにもいい感じ、
ベッドも寝心地よくて、実際、
ツーリストが投票するウェブサイトで
シアトルのホテルの、快適なベッドベスト1に輝いたことがあるんですって。

一人ひと部屋だったことも
ホント嬉しかった。
わたくし旅好きながら宿で寝つけないことがよくありまして。
今回はずっと一人部屋だったのでゆっくりできましたーー

f0045982_22531857.jpg

ラウンジは重厚感があって
ダイニングはイングリッシュパブ的感じ。
朝食はさすがボリューミー!
2日目はエッグマフィンにしてみましたが
こちらも見るからにヘビーでしょ。
f0045982_22554922.jpg

ポテトもたっぷり添えられてますからね、
そこのところはやっぱりアメリカ。

こちらにはなんと日本人の指圧師さんが常駐されていて
凄腕を耳にして指圧目当てで来る人もあるとか、
オーナー夫妻もセンスが良くて
シアトルゆかりの作家の本を貸し出してくれるとか、
ここならではのもてなしいろいろ。
シアトルステイにほんとおすすめです!
[PR]
by ichinichisya | 2010-08-04 22:59 | 旅のはなし

シアトル旅から アイラブチョコレート

シアトルはチョコレートが有名です。
スタバをはじめとするカフェ文化もそうですけど
一年中過ごしやすい気候で
珈琲やチョコレートがおいしくいただけるということ、
それから暮らしが豊かという土壌から
根づいていったようです。
f0045982_2356635.jpg

代表的なチョコレートのひとつがTheo(テオ)。
そもそもの始まりは第三世界の力になりたいという想いから。
オーガニックの原料をフェアトレードで手に入れて
カカオ豆でチョコレートを作るところから
自分たちでやっています。
f0045982_23563886.jpg

工場がある直営店ではこんなふうに
試食ができます!!!
f0045982_23573563.jpg

少なくなればどんどんスタッフが追加!
なんて太っ腹なんでしょうか!?
おかげでどれもおいしいと判明、
あれもこれも欲しくなりましたーー
ココナッツカレーやチャイなんてユニークなものも!
オーガニック専門スーパーマーケットでも取り扱っています、
たぶん大好きなホールフーズにもあるはず。

そしてウレシイことに工場見学ができます!
f0045982_00579.jpg

チョコレート工場って…その響きだけで萌えますよね。
スタッフは若くてみんなフレンドリー。

チョコ好きにはたまらぬ場所です。
オバマ大統領お気に入りのソルトキャラメルチョコで
一躍有名になったフランも、オーナーのマダムにお会いできて
すごく素敵な方だったので感激しました。
小さいスイーツショップから始めたのだそうで
てっきり大きなメーカーだと思っていたので驚きでした。
ストーリーがあるブランドは魅力的です。
[PR]
by ichinichisya | 2010-08-03 00:09 | 旅のはなし

シアトル旅から パイクプレイスマーケット3

シアトルのパイクプレイスマーケットから
大好きなのでもうちょっとご紹介です。
シアトルのコーディネーターさんはくいしんぼう、
ワインやビールにもくわしい食通で
マーケットのおいしいお店を知り尽くしていました。
f0045982_2256829.jpg

ここの品ぞろえはスゴイ!スタッフの接客もいい!と
コーディネーターさんが太鼓判を押す、八百屋さんの店先。
ルバーブとかめずらしい食材も手に入ります。

そして、こちらの魚屋さんも
コーディネーターさんおすすめ
老舗の一軒です。
f0045982_2305820.jpg

エビ、カニ、牡蠣など、いろんなシーフードがそろいます。
この白いの、なんだかわかりますか?
白子でも、ホタテでもなく……
f0045982_2322941.jpg

あまりなじみないですけど
オヒョウの頬の部分です。
オヒョウとは巨大カレイのことらしく
画像を検索したところ→
男性の身長くらいデカイ!!!
これがでもレストランでほんとよく出てきて、
巨大カレイの頬って何やねんと思ってたんですけど
これ。これです。魚のスケールもちゃいます。

さてそして、コーディネーターさんがこの店で
とにかく大プッシュするのがこちら!
f0045982_2364569.jpg

自家製のスモークサーモンです!
試食させてもらったんですけど
今まで食べてたのは何だったの!?と思うくらい別のもの、
脂がのってまったりとおいしかった!!!
私たちはまだ近郊に一泊の予定だったので泣く泣くあきらめましたけど
帰国間際に立ち寄れば持って帰れるのでは!?と思います。
f0045982_23101378.jpg

パスタ専門店ではオリーブオイルとバルサミコ酢の
試食コーナーあり、こんなふうにちょこちょこつまんだりもして
くいしんぼうにとってマーケットは
どこを旅していてもパラダイスなのです。
[PR]
by ichinichisya | 2010-08-02 23:14 | 旅のはなし

シアトル旅から パイクプレイスマーケット2

シアトルのパイクプレイスマーケットから
素敵なお店へご案内しますよ!
f0045982_1901036.jpg

まずはチーズ屋さん、Beecher's。
わりと新しいお店だそうですけどすっかり名物。
毎朝運ばれてくるミルクを使って
店内でチーズを作っているのです!
f0045982_1840087.jpg

ぐるぐるとかきまわして
正真正銘出来立てのチーズを量り売り!
フレッシュなおいしさに感激します。
f0045982_18593654.jpg

もちろんイートインできます。
この椅子がまたいいでしょーー。
こってりなマカロニチーズもおすすめ。
f0045982_18432821.jpg

シアトルのあるワシントン州、お隣のオレゴン州など
米国のチーズ農家が作ったものがいろいろ!
楽し過ぎです……

つづいて、ピロシキ専門店
その名もピロシキ・ピロシキ!
f0045982_18474991.jpg

甘いのからお惣菜系までいろいろあって
ロシアから移り住んだ方が営んでいるとか。
f0045982_18494358.jpg

店内でひとつずつ手づくり、焼きたてが味わえます。
シアトルらしいスモークサーモンを使ったの
いただきましたけどおいしかったですよーー!

そして、パイクプレイスマーケットといえば
スターバックス1号店!
f0045982_18512213.jpg

マークが違うのわかりますか?
人魚なんですけどカラダがあらわになっています。
ここだけのオリジナルマグやタンブラーも販売。
f0045982_18532321.jpg

もともとは珈琲豆の販売から始まったとか。
このマーケットはチェーン店は出店することができないそうですが
ここを始まりとして成功するお店は多々あるもよう。
なにしろ平日の朝からいっぱいですからねーー
チャレンジしがいあるってことです。

というわけで、チーズもピロシキも
メジャーデビューの日は近いかも!?
いろんな意味で活気を感じる場所なのです。
[PR]
by ichinichisya | 2010-08-02 19:01 | 旅のはなし