<   2006年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

友達とごはんは大事

f0045982_0464154.jpg久しぶりに西天満の会。雑貨店『カナリヤ』のミキちゃんとアロマサロン『沢』のたかちゃんとごはん。大好きなお初天神の『いけ田』に案内できてうれしかったー。ここは九州郷土料理が味わえる料理屋さんです。新さんまのお造り、かつおのたたき、さつま揚げ、だんご汁、そして牡蠣フライは貝殻の中にタルタルソースが敷いてあるという凝りよう。はあ〜おいしい。気心の知れた女同士で他愛もない話をするって、なんて幸せなんでしょうね。いつもは飲まないミキちゃんが2軒目、行きつけのバーにも付き合ってくれました。お酒があると饒舌になるというか、心がなめらかに口から滑り出すからフシギ。(ただ自制が効かないだけかもしれませんが)こういう時間はとても大事だ。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2006-09-30 00:54 | 友だちのこと

時代の流れに…

CDプレーヤーが壊れたまま、
FMでお茶を濁してきたステレオとさよならしました。
なぜなら9月末で粗大ゴミ引き取りが有料化!と聞いたから!
しかも北摂の『ヒュゲ』で知りました、なぜここで。
カメラマンさんには「そうやで〜もう間に合わないんちゃいますぅ?」
などとびびらされ、必死で電話しましたよ。
さすがにつながりにくかったけど、ぎりぎりセーフでいけました。
そういえば、ベッドの柵も出したんですけど、これだけ前夜に出しておいたら
翌朝、すでになくなっていてびっくり!!!
ステレオとっていくならわかるけど、スチールの柵なんか、いる??

ともかくお別れを果たし、二代目オーディオを探して
ヨドバシカメラをうろついたんですが
知らないあいだにめちゃくちゃ進化しててぜんぜんついていけない!!
もちろんi-podの存在は知ってますよ、、
けどメモリーオーディオの発展ぶりに驚愕!
「あ、あの〜このデッキだとメモリーオーディオに録音できるのですか?」
「できますよ、どれでも。メモリーオーディオ側の問題ですから」
「同じ会社同士じゃなくても…?」
「…できますよ」
ああ、これってかなりレベル低い質問ですか? 
勇敢に質問したおかげで欲しい子の目星がようやくついたけど
正直言うと、未だ半信半疑。
こうやって時代に取り残されていくのかしら…いや〜〜。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2006-09-29 19:29 | 暮らしの愛用品

神戸スイーツ&ランチ

f0045982_1747962.jpg朝から仕事で神戸、幸運にもお昼に終わったのでランチ&スイーツを楽しみました。栄町『パティスリーモンプリュ』。生菓子は持ち帰りが大変なので、お茶することにしたのだけど、そうすると潔くひとつにしぼらないといけません。これにそうとう骨を折りました。ショーケースにへばりつき、持って帰るとたいへんそうな、ヴァレンシアを指名。どれも素材の組み合わせに惹きつけられるのだけど、基本はしっかりとフランスの伝統菓子。そこを貫いてることが端正な見た目からわかるけど、食べればなおわかる。しっかりと甘いんです。もたれる甘さじゃないですよ、でもちゃんと甘い。へなちょこでも、子どもだましでもない味。そうだ、フランス料理の最後を飾るデザートみたいだ。添えられた焼き菓子もきちんと美味しかったです。

f0045982_1825935.jpgランチは元町の『ラ トリップ』で。ノーアイデアだったので本屋で立ち読みして決めた、『レストラン ペガーズ』の姉妹店。スープ+サラダ+子羊のクスクス+ドリンクで1260円。メインが魚または肉料理だと、たしか1480円。で、子羊のクスクスに。いかにもビストロな料理でおいしかった、けどちょっと高いような…。1000円ジャストのランチを出すときっとすごく混むだろうし、ちょっと上げてくるのはわかるけど、カジュアルな雰囲気と内容からすると、もう少しコストパフォーマンスを見せてほしいところ、、なんて勝手なことをいうランチフリークのわたし。ランチは手軽な値段でいろんなことがわかるから、大好きなもので。夜はワインとフレンチ鍋!とカードにある。店のムードからしても夜向きかもしれない。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2006-09-27 18:15 | たべもの

懐かしの、せいほう

f0045982_11383298.jpg友達から『せいほう』のケーキをもらいました。『せいほう』は学生時代によく通った紅茶とケーキのお店。夜遅くまでやってたので、飲んだ後、友達と終電まで長々おしゃべりしました。三条と寺町二条にあったけれど、いまは御池のあたりに移転したそう。てっきりなくなったと思ってたので、それがわかったことも嬉しい。大学の教授が紅茶、奥さまがケーキ担当だったはず。七宝焼の作家でもあって、懐かしい応接室のような、そんな雰囲気がとても好きでした。ケーキは飾り気なくシンプルだけど、ひとつずつにオリジナルな味があって上品な後味。マーブルチョコレートだとか、木の実いっぱいの軽井沢の森だとか、あれこれ迷って選んだことを思い出すな。どれも紅茶とすうっとなじむおいしさ。薄く膜のはったロイヤルミルクティーもなつかしい。素敵なおみやげ、ありがとうね。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2006-09-25 11:57 | たべもの

彼岸花

f0045982_23495271.jpgお彼岸だったので、おばあちゃん家を訪ねてお墓参り。情緒のある城下町。とてもとても静かです。草むらには彼岸花が咲いて、燃えるような赤と緑のコントラストが鮮やかでした。彼岸花は名前からちょっともの悲しいイメージがあるけれど、凛とした潔い咲き姿です。空にはキラキラ光る、赤とんぼの群れ。遠くから金木犀の甘い香り。い、いつのまにか自然が秋一色になってる!! 都会にいると肌寒さやファッションで、季節の訪れを確認するしかないものね…。はあ、季節がめぐるのが本当に早い。今年はしんみりと秋を味わいたい(=食べるという意味ではないです、いや、もちろん秋の味覚はいただくけど…)ものです。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2006-09-25 00:19 | 日々のこと

秋刀魚と葱のパスタ

イタリア料理店『アルチェントロ』で友達と晩ごはんでした。
今では支店がたくさんありますが、本店は以前と変わらない雰囲気で
肩肘張らずざっくばらん、でも料理のレベルは高く
黒板を見ると美味しそうでわくわく。
ひと皿ひと皿、すでに秋のにおいいっぱいでした。
まず秋刀魚のマリネ 肝のソース(身の厚み、肝の苦みが最高)、
鴨とやわらかごぼう(ふくよか〜な味でミニトマトがまた甘くて美味!)、
そして秋刀魚と焼き葱のパスタ!これがおいしかったあ。
和風なコンビなのにちゃんとイタリアの味、
なんというか南イタリアの海岸で食べてる気分だった!
焼いた葱のとろんと粘りのある甘みと秋刀魚の苦みが
オイルパスタとばっちり!イワシのパスタに奥行きが出たような…。
メインは伊達鶏のロースト。
皮がパリッ、甘い肉汁がにじみ出て、しつこくなくいいお味。
最後はちゃんとデザートまで平らげて、一人6,500円くらい。

お気に入りのべたな鉄板焼き屋に行くか迷ったけど、
こっちにして今日はよかったあ。
大好きな秋刀魚が堪能できて、幸せな夜。
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2006-09-24 22:50 | たべもの

特別なお蕎麦

f0045982_1954858.jpg久しぶりに大学時代のバイト仲間とごはん会。烏丸の『笹屋』というレトロモダンなお蕎麦屋さんで、一品料理もあれこれ。みんないい大人なのに、学生のりな飲みムード復活…、長い付き合いの友達は大切だ。
さて、締めは山かけ。温泉卵ととろろがまんまとろんで、そばをまきこみ、するんするんするんと、おなかにおさまっておいしい! このお蕎麦、バイト時代の先輩が打ってくれたもの。先輩曰く「蕎麦屋で働いてるのに、蕎麦打たないんですか?」とわたしがなにげに聞いた言葉がきっかけになって、打ち始めたと…!! えええ!そ、そうだったんですか!…なんだかとてもジーンとしました。また食べに行きます!!今度はざるか天ぷらにします!! 2軒目のカラオケはちらっといただけで先に帰ったのに、しこたま飲んでいたようで家に着いた頃にはへべれけ…。たしかにワインのボトルが何本かあいてたよな。
懐かしい人と飲むと楽しくてすぐこうなる!!要注意。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2006-09-24 19:28 | たべもの

大山崎山荘美術館

f0045982_041855.jpg今日はアサヒビール大山崎山荘美術館へ。まずは企画展の「三国荘展」へ。これは御大礼記念国産振興博覧会 におけるひとつの展示館、「民藝館」の博覧会終了後に、アサヒビールの初代社長がこの建物がなくなることを惜しみ、自邸に移設したそう。自邸の「三国」の地名から「三国荘」という名前になったのですが、その「三国荘」の、まさに民藝ワールドを展示するというもの。昭和初期の展示は、今見てもモダン。家具の細部が凝っていたり、ランプが小粋だったり、物のセレクトの仕方、コーディネート方法が面白かったりして、見所満載です。(~12月3日まで)

そして、今日行われていたワークショップ「見てる?視えている?~知らなかったあの絵~」に参加。

まずは、大山崎山荘美術館に所蔵されている、モネの睡蓮の一部をそれと知らされずに見せてもらい、「何に見えるか?どう見えるか?」を参加者同士で意見交換。その後、睡蓮の一部だったことが知らされ、睡蓮のほぼ実物大のパズルを作ることに。絵を正方形状に切り分けられると、一体どこの部分だかわからないので、参加者同士でお互いに持っているピースの色や柄がつながるか、また絵柄があったら、絵のどの位置に入る部分なのか?など、確かめていく作業を繰り返していくのです。スタッフの方の手を借りながら、何とか一枚のパズルが完成したら、「絵って見てるようで見てないところが多いんだ」ということがひしひしと伝わってきました。しかも、「花はこのへん」って思い込んでいたけど実は違ったということもあったりして、記憶ってあいまいなことが判明! そして最後は、本物のモネの睡蓮の前へ。パズルを組み立てる時は、下を向きながら、試行錯誤していて、視線は「下」だったのですが、絵を鑑賞する時は「視線は真正面」。だから睡蓮の場合だと、絵を下に置くことでリアル感が。はたまた真ん中にくるものが青緑色で塗りつぶされた空間だったので「一体何を描こうとしたんだろう?」という疑問も。それが目線の真正面にきたら、ぜんぜん違う見え方になって、「描きたいものは具体的な物質ではなくて、もしかしたら、その空間から醸し出されている”しっとりと落ち着いた雰囲気”なのかもしれないな~」と感じたり。それに近くで見たら、「結構適当に色塗ってる?」って思うけど、離れてみたら全体としてバランスが取れているんですよね。一枚の絵なのに、すごく不思議な体験。今回、「自分の目線」と「他人の目線=違う目線」を感じられて「色んな目線で見ること」の面白さを教えてもらったような気がします。(klokken)
[PR]
by ichinichisya | 2006-09-24 00:24 | アートのはなし

バランスボール

東急ハンズでバランスボールを買ったのだけど
なーんかいまいち手ごたえがないわ…。
こういうとき、安かったからか!?とか疑ってしまうよね。
だってバランスボールって値段幅がすごくあるんだもん。
身長から指定の55cmにしてんけどなんだか小さいような気も…。
とりあえず、TVはこれに座って見ることにします。
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2006-09-21 23:18 | 日々のこと

月光荘のスケッチブック

f0045982_184437.jpg銀座の画材屋さん月光荘。マークがとても可愛くて、『ひなた』で買ったお絵かきバッグと小さなスケッチブックを愛用してます。が! 実はミナミに大阪月光荘があったのです! しかも道頓堀、食いだおれ人形真ん前の平松ビル3F。なんという立地…、それは気づかんわ。月光荘の商品を気に入って画家の方と奥さまが始められたそうですが、10月に閉店してしまいます。お店の存在を知ったのが閉店のニュースなんて、とても残念。すごく気になって行ってみたところ、画廊のような懐かしいムードでした。20%オフ中でもう品薄、大好きなスケッチブックを何冊かと、便箋を買いました。朝顔の絵を描きたいと思ってたところ、ちょうどよかった。残り時間あとわずかだけど、近くまでお越しの時に。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2006-09-19 18:19 | 暮らしの愛用品