<   2007年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

胸を打たれました

今夜は『バベル』の試写でした。
すごい作品です。
わかりやすいストーリーに慣れきった心に
容赦なくどすどす打ち込んできます。
今はただずっしりとその重みを受けとめています。
監督の凄さ、作品の凄さ、キャストの凄さに
ただただ胸を熱くするばかりです。
興奮だけ、今夜は書き留めておきます。
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2007-01-31 00:36 | 映画のはなし

夢の美術館、とは?

国立国際美術館『夢の美術館 大阪コレクションズ』に行きました。
国立国際美術館・サントリーミュージアム[天保山]・大阪市立近代美術館(仮称)
という、国・市・私がそれぞれ所蔵品を出し合ってできた
“夢の美術館”というわけですが……正直、失望しました。
ただ所蔵品を時代の流れと共に並べたわけでは…?!
美術マニアにとっては、あの作家のあその作品が観られる!という喜びは
あるでしょうけど、それって企画展としてはどうなんでしょう??
時代の流れを表す年表も活躍した人の名前が連なるだけのものだったし。

週末ということもあってか人の入りも多く、
美術にふだんあまり関心のない人におもしろさを感じてもらうチャンスになるのに
ホントに残念で仕方なかった。
解説は教科書並みにカタイものしかなくて
これじゃ美術のイメージそのままやん、もったいない!
ジャコメッティの鼻とかさ、すごい作品あるのにさ……。
予測にすぎないけど、国・市・私だから仕切る人がいなかったんやろか。。
こんなにコンセプトが見えにくい展覧会も今じゃめずらしいのでは…。
小規模ながら、同時開催のピカソの版画と陶器の方がよほど感銘を受けました。
やっぱり主宰者側の思い入れって大事やと思う。ああ、もったいない。

…というわけで、じりじりしながらピカソで癒されてると
「わ!」と声をかけられ振り返れば、マイフレンドのノッチ!
もう同じタイミングで見に来てるって…笑えるわ。
ここに来たら、の、正統派コースでgrafにてお茶。
おたがいに展覧会の不平不満をもらしてすっきり。
タルトタタンも美味しくて機嫌を直しました。単純。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2007-01-28 23:15 | アートのはなし

ケイタイ水没…

ほんまに一瞬の出来事でした。
するり、ぽちゃんと、ケイタイが水没しました。
試写会をほっぽりだしてすぐさま
救命救急センター(ヨドバシカメラ)へ駆けつけましたが
間に合わず、息絶えてしまいました。
データ全滅、アドレスさえ救出できず…。

途方に暮れたけどやるだけやったので
あきらめもつきました。
この際、人生リセット!
過去とさよならして今を生きる!?
ミニマムライフ宣言!!!

心当たりのあるわたしのお友達のみなさん、
ケイタイメールでお名前&電話番号のお知らせくださーい。
お待ちしてます!!(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2007-01-28 16:24 | 日々のこと

京番茶

髪を切りに京都までひとっ走り行ったのだけれど
(もうずっと同じ人に髪をお願いしてる…変えられない)
帰りに一保堂茶舗のいり番茶を購入。
これ、香りがすごいんですよ!!!
そばにあるだけでモーレツに香ばしいにおいがして
たまらなく気持ちいいのです。アロマ並み(笑)
葉を摘んですぐ蒸し、揉まずに開いたままの葉・茎・枝を乾燥させて
強火で炒り上げました…と紙袋に書いてあります。
京番茶と呼ばれ、京都独特なんですって。
以前、京都の呉服屋さんで香ばしいお茶を出してもらったことがあって
「一保堂さんのお番茶ですけど、京都だけのもんなんどすえ」と
いかにも京都人的にレクチャーいただいたのを
根深く憶えていて、ようやく手に入れたわけです。
ちゃんといれ方まで絵付きで書いてあって、さすが一保堂さん。
これからうちの定番になりそうです。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2007-01-23 20:39 | たべもの

せっちゃんラブ

ひきこもりで仕事してたらばFM802に斉藤和義がゲスト出演!
802はご近所なのでもうちょっとで出待ちするとこでした…。
斉藤和義は、わたしの王子様ランキングですでに殿堂入りを果たした
永遠に大好きなひとです。
格好良くて可愛くて、たまりません。
今回はゼクシィCFでおなじみ『ウエディング・ソング』にちなみ
結婚相談所所長!?という、全く不向きそうな肩書きでお出ましになり
リスナーの結婚にまつわる相談に答えるという趣向でした。
あいかわらずのスローテンポな、のどかな語り口にも〜〜〜〜〜〜ラブ!!!
エロまじえのお答えにいちいち笑ってしまいました。
結婚式にせっちゃんおすすめの曲は?の質問には
『歌うたいのバラッド』と。
いつ聞いてもいいな、涙が出てきました。いい歌だよ…。
そっから所蔵CDをかけまくり、いっしょに歌いまくり。
ああ、なんでせっちゃんの曲はわたしにとってこんなにインなんだろう。
偶然オンエアが聞けて、幸せ!ラブ!(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2007-01-22 17:58 | 音楽のはなし

白子の麻婆豆腐!

f0045982_2228482.jpg飲み友あやこちゃんに素敵な店へ連れてってもらいました。JR大阪駅の北側を福島方向へぐるっと歩いたあたりにある中国料理店『芹菜 セロリ』。駅からちょっと歩くけど満席、いやーおいしかったですよ。アタリの店はメニューの段階でワクワクさせてくれますよね。この日のおすすめすべて制覇しそうになりました。鱈白子入り麻婆豆腐、真鯛の蒸し物ネギ醤油掛け、上海蟹と蓮根のスープ…ね、ね、そそられるでしょ!? どの料理も上品な口当たり、なのにハッとさせる魅力があって、翻弄されました…。最後の杏仁豆腐もねっとりした舌触りで、今までの記憶を覆すおいしさでしたもん! ドキッとするって料理にとってすごく大事なことだと思う。中国料理みたく定番料理のあるものは、なおさら。堺筋本町『一椀水』にしろ、新町『空心』にしろ、大阪中国料理に新風が来てる!? 神戸とはまた違うムーブメントを感じます。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2007-01-21 22:41 | たべもの

『さくらん』

蜷川実花監督作『さくらん』。
原作安野モヨコ・音楽椎名林檎・主演土屋アンナと
今をときめく女たちが“やりたいだけやった!!”
パワー炸裂の傑作でした!
花魁の生きざまを描く物語、
蜷川実花の写真がそのまま映像になったように衣装も美術も極彩色。
そっちばっかが際立ってもなー…なんて心配は無用でした。

共感して泣いちゃったよ。
なんならのまれて号泣しそうになったよ。
恋してのめり込んで、あえなく失恋したり。
自分に惚れ込んで手をさしのべてくれる男前な男、
なのに感謝しながらも女として愛することができなかったり。
得も言われぬ恋の喜びや、愛するゆえの苦しみを経験して、
本当に大事な人にたどりつくんです。
その人はいつもそばにいてくれた人で。
その人とは手さえつないでいないのに心が通じてる。
花魁としてたくさんの男を知りながら、
恋する姿はとてもういういしくて潔くてまぶしくて…
思い出してもうるうるくる。
監督曰く“女として経験してきた今までの時間すべてが”
映画をつくるために必要だった…と、すごくそれがわかりました。
だって自分自身の経験や感情とも、否応なくシンクロしたもん。
女心って厄介に見えて、単純なんだよなー
愛する人が一番なのだ。それさえあれば、なんてことないのだ。

ソフィア・コッポラ監督の『マリー・アントワネット』といい、
吹っ切れてていいなー、女ってやっぱすごいね。
どっちも時代物、だけど同じ時代を生きてきた手ごたえがすごくある。
こんなふうに新しくて共鳴できる映画の作り手があらわれて、わくわくするな。
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2007-01-19 22:30 | 映画のはなし

USJ5周年

f0045982_2146863.jpg大好きなんです、USJ! もう1年半くらい行けてなかったので友達を募って行ってきました。平日はすいてていいですね〜しかも雨模様だったので午前中はがらがら。スパイダーマンが5分待ち!うれしすぎです。カフェ店主、カメラマン、デザイナー、会社を休んだ人2名…と、最終的に総勢8名。みんな笑いが絶えませんでした。すいてたので順調にこなせたんですけど、唯一みんながブーイングだったのがミュージカル『ウィケッド』。ランド・オブ・オズは出来てから初めてだったので期待してたんだけどな…。友情ものらしいのだが、なんか主人公二人がすさんだ関係で、、そのうえ外国人キャストの発音が微妙でセリフ自体がよくわかんない! 30分もあるのにぃ、時間ロスした気分でした。春には新たにコースターができるもよう。とうとう年間パスを購入したのでいつでも行ける、わーい!暖かくなったらまた行こっと!(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2007-01-17 22:06 | 友だちのこと

おばあの愛情

f0045982_1001071.jpg一時、さかんに通った沖縄料理。三宮『味卯』とかさ、大好きでしょっちゅう行ってました。久しぶりにNY在住の友達と、扇町の『てぃーあんだー』へ。ここはいつもこんでる。入れなかったこと何回もあります。確かにおいしいけどなんででしょうね、この絶大な人気は。島らっきょ、ゴーヤチャンプル、沖縄そばなど王道路線でおなかいっぱい。カウンターに積まれたサータアンダーギーにそそられたが、断念して席を立つと、おばあが「ちょっと待って、出したげようと思っててん」と袋にふたつ入れてそっと渡してくれた。おばあ、わたしらが物欲しそうに見てたん見てた!? その後、お洒落カフェでこっそり食べてしまいました…なんか持ち込みする高校生みたい。カリッと揚がったドーナツの味、おいしいな。おばあ、ありがとう。きっとみんなまたおばあに会いたくて来るんだな。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2007-01-16 10:12 | たべもの

鰹のたたき

f0045982_23354591.jpg高知と言えば鰹のたたき。生にんにくと食べるとカーッと体が熱くなる、この感じが好き。しかし、仕事仲間2人は「明日におうやろ?」とにんにくに対して消極的態度…こら〜!!にんにくなしで鰹のたたきなんて!言語道断! にんにくがあるからこそ勢いづき、カッカカッカと力が漲るのにさ、においはどうとでもなるよ!なるはず! ひろめ市場の『明神丸』は、店先で豪快に藁焼き。たれでなく塩で食べると(にんにく・玉ねぎ・ネギ・柚子のしぼり汁付き)、鰹の持つうまみ、香ばしい香りがそのまんま口に広がる。さらに感激したのが、山芋+鰹のたたきの丼。とろとろ&しゃきしゃきの山芋が、荒々しい鰹を人当たりの良い丸い性格に更正し、最高においしかった。これはうまい組み合わせ! そういえば高知はニラも名産だよね、もしかしてにおいの強いスタミナ系の産地? そう気づいて、ますます好きになりました。(oramge99)
[PR]
by ichinichisya | 2007-01-15 23:51 | 旅のはなし