<   2008年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧

最近の、お気に入りの仕事

二日連続で料理家さんのお家を訪ねました、
わたしの大好きな仕事です。
東京からがんばって日帰りしたのもこのため。

間近で料理する姿を見るとほんまに勉強になって
すぐにでも実践したい気になるというか!
こんなふうに暮らしたいな〜〜やらな〜と思う。
(しかし「このあいだもそう言ってたよ〜」と冷水さんからつっこみが…)
コツがあれこれ聞けるのもおもしろく
器のコレクションを拝見するのも楽しみ。
ひとりごはんにいい丼鉢、白のお皿はお客さまの時に使えるよう5枚、
ポン酢や胡麻油をサーブするのにいいピッチャー、薬味用の豆皿…。
どの器もそれぞれに役割を持っていて
「えへん」と誇らしげに見えました。

そして、最後には試食が待ってるのです!!!
たまらんです。
撮影中から全員がじりじりして
うっかりつまみそうになりました、
お預けをくらった犬の気持ちです。

タジンで蒸した野菜と豚のロースト、クスクスと豆サラダなどなど、
あっというまにおなかにおさめて、おみやげにもわけてもらって。
は〜〜食いしん坊にはたまりません。
「ご近所に住んでくれたらおすそわけできていいのに!」と冷水さん、
そんな夢みたいな!そんなことになったらほんまに甘えてしまうよ〜!
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2008-05-31 18:59 | 仕事のはなし

東京まで

東京日帰りでした。
仕事はスムーズに進んで楽しく
我が友ヨーコ似さんとも会って
充実の一日。

けどやっぱり日帰りはしんどい…。
新幹線は大好きなんやけど
寒くて体が疲れます。
大阪に着いてほっとしたら
乗り換え電車が遅れていて、、どっと疲れが…。
とどめをさすように改札では切符がひっかかり、
駅員さんは改札を直視してるくせに気づかず…
どこ見てるんよ、も〜〜〜と言いたくなりました。

疲れてる時は優しくなりません。
東京ではおばあちゃんに席を譲る余裕があったのに
えらいかわりようです。
よく寝て、明日はまた穏やかなわたしに。
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2008-05-31 00:35 | 日々のこと

清天工房のプレート

f0045982_15243487.jpg
今日は沖縄のガラス工房、清天のプレートを2サイズ、
WEB SHOPにアップしました。

小さいほうは直径が16センチほどなので
スイーツを盛ったり銘々皿として、
大きいほうは直径が19.5センチほどあるので
サラダや冷菜を盛ったり、今からの季節だと
つめたいおうどんや冷麺を食べるときに、
はたまた朝食のパンを食べるのにも役立ちそう!

また写真にはどうやっても写せなかったのですが
全体にランダムに小さな小さな気泡がちりばめられていて
それに琉球ガラスらしく、ぽってりとしているので
おおらかさや温かみも感じられるんです。
こういうところが、琉球ガラスのよさですよね~

ガラスの器は、夏場、結構役立つので、
私もひとつ買取ってしまいました。
プレート(M)に、今日のおやつを盛ってみると…
しっとりとした温かみが出て素敵~!
自画自賛です、はい。
(klokken)
[PR]
by ichinichisya | 2008-05-30 15:30 | WEB SHOPのこと

ウエルカムバッグ!

『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』を
披露試写で観てきました〜〜〜!
心待ちにしてたんです、この日を!
ハリソン・フォードがよぼよぼのしわしわやったらどうしよう…
という不安も正直あったけれど
おもしろくて心から楽しみました!

こんなに純粋に安心して笑える映画ってひさしぶり。
ヘビネタ・原住民の攻撃・猛スピードの銃撃戦・滝落ち……
息もつかせずお約束のピンチが繰り出されて
冒険活劇ってこうやんな〜っ!て
いかに子どもの頃、インディ・ジョーンズに興奮してたか、
鮮やかによみがえりました!

このノリ、このテンポ、ありえない展開、懐かしくてたまらなかった!
古典的なネタにくすぐられてニヤッとしますよ!
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2008-05-29 23:17 | 映画のはなし

ガラス工房 清天の器をアップ!

f0045982_13291356.jpg
先週、沖縄より待望のガラス工房 清天の器が入荷していたので
WEB SHOPに本日ノーマルグラスをアップしました!

沖縄はガラス工芸も発展していて、いくつもの工房がありますが、
これは戦後、物資が不足していた時代に、米軍からもたらされた
コーラの空き瓶を利用したことから始まり、発展していったもの。
ガラス工房 清天でも、廃瓶を利用しながら
ひとつひとつ手吹きでガラスが作られています。

ガラス工房 清天は、沖縄・読谷村の住宅街に
ポツリと出てくる工房で、
工房内には、5〜6人ほどいるお兄さんたちが
それぞれ作業を分担しているようで、
ものすごい暑さの中、黙々と、けれどたまに楽しげに冗談を言ってみたりと
沖縄らしくのどかでおおらかな雰囲気で作られています。

その土地ならではの色と工房の皆さんの色が
重なり合ってにじみ出るガラス工房 清天の器は、
どこかのどかで温かみがあって、おおらかな趣があります。

こちらのグラスは友達の家に遊びに行った時、
何気なく麦茶を注がれて出されたのが出合い。
そのシンプルさ、さりげなさに心惹かれ、
そして工房を訪れて、ぜひ扱いたいと思っていたものなので、
多くの方にご覧いただければ嬉しいです。

明日はこれまたシンプルで使いやすそうな
プレートなどをアップできればと思っていますので、お楽しみに。
(klokken)
[PR]
by ichinichisya | 2008-05-29 13:30 | WEB SHOPのこと

甘酸っぱくて美味しい! 甘夏のコンポート

f0045982_11545970.jpg
今週の「うつわとごはん。」は”甘夏のコンポート”をアップしました!
この撮影の後、試食したら…、甘酢っぱくて美味しすぎ!
食べだしたら止まず(汗)、あっという間に食べつくしてしまったという
momoさん作、簡単スイーツです。
ぜひ作ってみてくださいね~!

ところで今日はなぜか右手の人差し指に異変が!
何か痛いんですよね~
どうも私、パソコンのキーボードをえらく強く打つクセがあるようで…
以前働いていた会社でも遠くの席の人から
「えらい勢いやな~」と言われたこともしばしば。
は~、原稿もやらなあかんし(夏休みの宿題みたいにノロノロ後回し状態)
まだ沖縄のガラスもアップしないと!と思っているのに
どうしたもんやらです、トホホ。
(klokken)
[PR]
by ichinichisya | 2008-05-28 11:56 | WEB SHOPのこと

予約のできない女です

行きたいとなったら、行きたいのです。
わたしは、予約のできない女。
いやただ予定を立てるのが下手なだけかもしれませんが。
とにかく行きたいかどうかは、その日の気持ちなのです。

そろそろ鍼してほしい、
なんとなく鈍いアタマに
がっつりと鍼をうってほしい。。
そう思い出したらもうそうしてほしいのです。

いてもたってもいられず鍼灸院に電話したら
あいにくいっぱいとの返事。
そらそうです、一人でやってはるんやもん。
だいたい今日の今日ですし、予約できない女ですし。と、すねてたら
しばらくして「キャンセル出ました!」と朗報が!
あああ、やっぱり今日やれってことやったんやわ!

おかげでだいぶんすっきり。
鍼もそうだし、おしゃべりでもすっきり。
心も体もデトックスです。
最後はおなかに鍼シールをしてもらって
そしたら!背中でドラゴンが舞い踊ってるんか!?と思うくらい
渦を巻くように体が熱くなってきてびっくり!

いまひとつ現実に戻ってなかったんですけどね(いまだに!)
そろそろ戻らないとあかんようなんです、
立て続けに電話が鳴り出して。
鍼パワーでなんとか現場復帰ですよ。
ほんまにキャンセル出てよかった〜〜、
ひらめきに逆らわず何事も即行動で押し通す、
予約のできない女でいます。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2008-05-27 21:40 | 日々のこと

フォークロア漬け

f0045982_1573751.jpgあまりにいろんなことがあってタイの話がストップしてしまいました。ラオスとミャンマーの国境地帯にあるチェンライにて、ヤオ族の村を訪ねました。村の入口には茅葺きのみやげもの屋が連なって、軒下ではおばあちゃんたちが日がな一日、刺繍や縫い物をしてます。山岳民族はそれぞれに特徴のある民族衣装を纏っていて、言葉も違うとか。ヤオ族の衣装は襟元に毛糸の房が縁取られていて、パンツには一面に細かな刺繍が施され、出来上がるのに2年費やすことも! 色遣いの楽しさ、リズミカルな模様はちょっと南米的でもあるような。クッションカバーと、みんなから「いつかぶるん!?」とつっこまれつつ一目惚れしたカラフルな帽子を買いました。これからロシア旅で連れ帰ったチェブラーシカとうちで暮らしてもらいます。チェンライのナイトバザールに出店している山岳民族もあって、モン族のプリーツスカートやタイパンツも購入。タイ熱がおさまらず帰国して1週間たつ今もどこかしらフォークロアな装いでいます。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2008-05-27 15:26 | 旅のはなし

小石原焼をアップしました!

f0045982_13125368.jpg
先週届いていた、小石原焼の器をWEB SHOPに本日アップしました!
こちらは福岡と大分の県境、
飛びかんなや刷毛目で有名な焼き物の里です。

この産地のお隣が、バーナード・リーチに見出され
有名になった小鹿田焼なのですが
もともと小石原の陶工が小鹿田に移り住み、
技法を伝えたことから小鹿田焼がはじまったそう。
そんなつながりがあるため、今でも技法はかなり似ています。
私もずっと小鹿田の皿を使っていて、
その使いやすさに我が家では、かなり出番が多い器となっていますが
次に機会があるなら、ぜひとも小鹿田の作り手さんの元へも
伺ってみたいと思っています。

話がそれてしまいましたが(汗)、
50軒ほど軒を連ねる小石原の窯元さんの中でも
飛びかんなの入り方がとてもソフトできれいな
「翁明窯元」さんの器をセレクトしてご紹介しています。
個人的には七寸の皿(上の写真)が、
小石原の伝統と現代性を併せ持っていて独特の風合いがあり、
とっても気に入っていますが、皆様はいかがでしょう???
ぜひご覧くださいませ!
(klokken)
[PR]
by ichinichisya | 2008-05-27 13:23 | WEB SHOPのこと

食いしん坊の心はひとつ

f0045982_23422484.jpg前々からの約束がようやく実って、訪れるたびブログで何度もご紹介してる、大好きな三田の『パティスリー シュエット』さんと晩ごはん。二人の思いが一致して三宮の『ル・ビストロ』へ。ここのプリフィックスは大盤振る舞いで、アミューズから小鉢が4つ、サラダ、メインは鴨肉とフォアグラ、赤ワインがまだあったのでチーズもいただき、デザートまで。食べてる間は夢中で気づかなかったけれど、立ってみてはちきれそうなおなかにびっくりした! 『ア・ラ・カンパーニュ』でお茶して帰ろう…となったけど、潮が満ちるみたいにますますおなかがふくれだしてマタニティ状態! ふうふう言いながら歩きました。フランス料理をコースでがっちりは久々、やっぱりずしっときますね! タイでもそうとう食べたけど、香草やスパイスのおかげでもたれないんかも…と、我が体で実感いたしました。『ヒュゲ』さんもそうだけど、こうして仕事で出会った素敵な人と一期一会にならず、お付き合いが続くのはとても嬉しい。またおいしいものを食べに行こう!と、おなかを抱えながら誓い合う、食いしん坊同志なのでした。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2008-05-26 23:56 | 友だちのこと