<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

誕生日に思うこと 2010.9.25

9月25日は誕生日でした。
友だちみんな、そして家族からお祝いの言葉をもらって
心があったかくなる一日。

ほんとにみなさま、
ありがとうございます。

誕生祭まで開いてもらって
なんてしあわせなわたし。
f0045982_21514251.jpg

こんな素敵な花束まで!!!!

お花をいただくってやっぱりうれしいものですねーー
翌朝、花を見て思い出し笑い。
バラの香りにうっとりします。

Twitterやメールでいただいたお祝いの言葉、
誕生日着で届いた友からのギフト、
それからさりげなく手渡してももらって……
私のことを思ってもらった時間がほんとうれしいです。

新たな一年、しあわせをかみしめる始まりとなりました。
末永くどうぞよろしくお願いします!
バースデイウィークのあれこれは
これからアップしていきたいです!!
[PR]
by ichinichisya | 2010-09-27 22:01 | 日々のこと

てぃだの奄美大島ごはん、ふたたび

フクギドウの阪神百貨店期間限定ショップ
オープンのあいだにひさしぶりに一日舍の3人、
フクギドウの表さん、一日舍料理番のmomoさん、わたしでごはんへ。

それぞれに忙しくていま一日舍としては
ぜんぜんいっしょに活動できていないんですけど
momoさんがフクギドウで時折活躍しています、
ササヤマルシェのワークショップにも
登場するようですのでみなさまぜひ。

そして今回はゲストとして
momoさんの友人で、阪神百貨店限定ショップに
チカラを貸してくれていたこんちゃん。
こんちゃん……めちゃおもろオーラ出てた、
出会えてよかったです。

さて、ごはんは天六にある、奄美大島料理のてぃだ。
白雪ふきん展の打ち上げがここだったので、2度目のごはん会。
前回もそうとう食べています→
f0045982_22481686.jpg

我ら肉食系、石垣牛やら羊肉やら豚しゃぶサラダなどを次々平らげました。
f0045982_22503294.jpg

常連さんおすすめのポテトフライはバター風味でおいしい!
f0045982_2251303.jpg

ここでのシメはやぱり鶏飯!
料理番momoさんのサーブによりまして…
f0045982_2252351.jpg

おだしをかけてさらさらっといただきましたーー

週末はこんなふうにライブをやっていて
奄美大島や沖縄出身の方々もお客さんに多く
和気あいあいな雰囲気です。
f0045982_2254933.jpg

この夜、二人には『はじめまして京都』のゲラを
見てもらったんですけど「いい感じです!」と言ってもらって
めちゃほっとしたのでした。

関係者以外に見てもらうのははじめてだったので
もうドキドキ……! やっとなんか実感もわいたのでした。

また落ち着いたらいっしょになにかできたなら。
なにしろいっしょにいると笑いが絶えず楽しいのですもん。
きっとまたまわりまわって実を結ぶのだろうなと思う、
笑ってばかりの、とてもいい夜でした。
[PR]
by ichinichisya | 2010-09-21 23:08 | 友だちのこと

うまく笑えず話せず

つかれのたまったカラダメンテナンスに
いつもの鍼灸へ。

ちょっと間があいたので
カラダが鍼を切望してましたよ。
あー今はぽかぽかして気持ちいいです!

口内炎ができてここ数日苦しんでいるのですが
(みんなからアドバイスされながら病院行けなかった!)
曰く、胃が弱っているのではと
舌などなどがむくんで口内炎ができやすい状態になるのですって。
わーーそうだ、きっとそうだ。

歯に当たってひりひりと痛むので
うまく笑えず話せず……
免疫力がだだ下がりですね。

ともかく脈はちょっといい感じ戻ってきたようだし
三連休には仕上げたい仕事あり!
がんばってさっさとやってしまいます!
ああイタタ……★
[PR]
by ichinichisya | 2010-09-17 19:10 | 日々のこと

はじめての本『はじめまして京都』10 月発売です

この身を捧げてきた本の仕事、
ようやく校了いたしました!

あらためまして、はじめての本
『はじめまして京都』PIE BOOKSから10月発売です。→
ウェブショップ雑貨店おやつ
トノイケミキさんとの共著です。

お話をいただいたのが4月。
およそ半年間にわたってここまでたどりつきました。
この夏はくりかえしますが熱闘甲子園さながら……
灼熱の京都で汗だくになりながらの取材。

撮影さえ終わればあとは書くだけ、
自分のペースでやれるから大丈夫……と思っていたらば
本一冊作るというのは容易でなく!
書くだけではすまないさまざまな仕事が
連日だだだだ……と押し寄せて
我が身を捧げるかかりきりの日々となったのでした。

けれど終わってみれば
ほんとにがんばったぶん
達成感が大波となって押し寄せて
感激屋なものでほんと
富士山で感じたような感動でありました。

いろんな人に助けてもらってここまでこれたんだなって思うし、
最初から最後までコツコツがんばれたこともうれしかった。

最近はお話をうかがって書く、
いわばオーケストラで自分のパートのみ演奏をしている感じだったのが
今回は違いました。
自分たちでつくっていく実感がとても大きかった。

まだ本を手にしていないので
出来上がりがどうなっているか
ドキドキしますが
一生懸命やったことは確かな実感です。
チカラになってくださった
大好きな人たちの話しもここに書き留めたいと思います。

みなさま「はじ京」、
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by ichinichisya | 2010-09-17 11:57 | 仕事のはなし

タッケジャンのタッ

このところ神戸で仕事が続いています。
一時期、神戸で勤めていたもので
歩くとあちこちから想い出がとびだしてきてビックリします。

さて、打ち合わせの時間が30分ずれたので
お昼ごはんゆっくり食べられる♪うふふと
ひさしぶりにフラワーロードの東エリアを歩きました。

神戸国際会館からてくてくずんずん東へ歩いて
コリアンダイニング まにわさん。
定食スタイルのお店です。
湯気のせいでぼけていますけど…
f0045982_22592035.jpg

名物のタッケジャン=鶏の鍋です。
タマネギやゼンマイのナムルが入っていて
おだしがよく効いてました。
これにヤンニョムを入れて辛くして
ごはんにかけるとおいしくて!
つけあわせのオクラものっけて
さらさらっと……ああうまいです。

なんか根っからの韓国料理好きなうえ
最近、ネバネバがすごく好きと自覚(…遅い)。
いや実家暮らしのときはそこまでネバネバ食べてなかったんですけど
納豆+オクラ+キムチ+卵+ごはんとか
もーーたまらなく好きなんですよね……。
納豆+味噌汁+キムチ少々も大好き、
これはソウルで納豆チゲを食べてはまりました。
納豆のねばつきはなくなって大豆ワールドになるんですよーー

は。なんか熱くなってしまいましたが。
タッケジャン=鶏鍋というので、そういえばソウルでトリコになった
タッカンマリも鶏鍋だった!と不意に思い出し
てことは「タッ」=鶏?!とか考えたら楽しくなってきて
韓国語にくわしいヨーコ似さんに問い合わせたところ
鶏=タック、次に来る言葉でちょっとずつ変化するのだとか、
ちなみにタッカンマリ=鶏一羽という意味なんですって。
なるほどーー!霧が晴れた気分になりました。
f0045982_2395469.jpg

こちらお店の近くのポップなマンション、
歩いて行ったかいがありました。
韓国料理は肌に(いや胃袋に)合うんだな。
汗いっぱいかいて元気になれます。
[PR]
by ichinichisya | 2010-09-13 23:20 | たべもの

スタイリストさんのフリマ

スタイリストさんのフリマにいってきました。
ずっとまえに聞いていたのにすっかり忘れていて
彼女からのメールでハッと気づけば最終日!

「でも追加で持ってきていますから
まだまだありますよー」との甘い言葉に誘われて
自転車を一生懸命こいで上町にある
スタジオ フリーバードまで。
f0045982_2326564.jpg

ふだんはがらんと白い空間のはずが
素敵なお部屋となっていました。さすが。
f0045982_23281623.jpg

わたしは器&料理道具コーナーをじろじろ物色、
作家ものの好みな小皿2枚、出西窯のスープに使えそうな小鉢2つ、
保存瓶と、おまけに植木鉢をいただきました!
いつもありがとーーー!

スタイリストさんのフリマって
撮影に使ったあれこれが出るし
センスも言わずもがなですから
ほんまに人気で殺気立っているとこもあるくらい!?
マジモードのお客さんが多いのですけど
ここは場所柄か、ゆっくり選べてほっとしました。

しかもこのスタジオ、以前よくうかがっていた
カメラマンさんのスタジオと同じビル。
その頃は1階に市場があって
フシギな場所だったんですよね……
フリーバードがある場所も
当時、喫茶シャレードとヘアサロンで。

このあたりは当時飲食店があまりなくて
喫茶シャレードでなんぼやきそば定食食べたかわかりません。
お味噌汁とごはん付き、スナックのママ風女主人はどうしはったんやろ。
流れた歳月も思いがけずズシリと感じたのでした。

ともあれ戦利品、うれしい!
今度お話が来たらここですぐさまお知らせしますーー
ほんまにうっかりさんでした。
[PR]
by ichinichisya | 2010-09-12 23:39 | 日々のこと

炊き込みご飯6杯!

本の仕事にかかりきりの日々から
だんだんと社会復帰!?していっています。

EEIEの特集取材では
大山崎にあるRelishの森かおるさんレシピ取材へ。
炊き込みご飯をなんと6種類、
つまり試食は6杯!!!

おこわ、リゾット、パエリヤなどなど
それぞれに味わいが違っていて
飽きることなくいただきましたー
くいしんぼうですからどんとこいです。
f0045982_23242932.jpg

レリッシュはJR山崎駅のお向かい、
窓からは電車と山並みが見えて気持ちがいい。
料理教室、ソーイングなどいろんなレッスン、
それから雑貨や食品、台所道具なども販売されています。

森かおるさんはアノニマスタジオからレシピの本2冊出版されていて
さらに3冊目を制作中。
撮影は私も大好きなカメラマンさん、
どんな本になるのかすごく楽しみです。

森さんの料理への想いはまたEEIEにて
10月アップ予定です。

ちなみにいまは
料理家の冷水希三子ちゃんにおしえてもらった
魚料理のレシピをご紹介中です!→
f0045982_22582474.jpg

アジの南蛮漬けも!サンマのコンフィも!鯖のソテーも!
なにもかも絶品ですよ!ぜひレシピお試しください!
[PR]
by ichinichisya | 2010-09-09 23:36 | たべもの

フクギドウ期間限定ショップin阪神百貨店

阪神百貨店にて14日まで
六甲のフクギドウ期間限定ショップがオープンします。
さっそく初日の本日、
ごきげんうかがいに行ってきました。
f0045982_21512065.jpg

太田潤さんの吹きガラス
井上尚之さんのスリップウエアなど
フクギドウの顔ぶれがずらり。
f0045982_21547100.jpg

沖縄のやちむんもめちゃいっぱい!
f0045982_21552819.jpg

とにかく見ごたえたっぷりです。

買い付けのときに撮った写真もいっしょに
飾られていて、それがまたとてもいい感じ。

表さんと会うのもめちゃひさしぶりで
自分の中ではそんな感じぜんぜんなかったけど
そう言われてそういえばそうかーと。
自由なお休みの日がほんとなかったから
出歩けていないんですよね。
彼女はほんまよくがんばっています。

梅田はとにかく自分にとって
ご近所圏なのでほんとここでやってくれてうれしい。
また期間中にのぞきに行こうと思います。

フクギドウで見るよりもちょっと展示が
大人っぽく思えてまた新鮮でした。
お店にはまだという方もぜひこのチャンスに!
[PR]
by ichinichisya | 2010-09-08 22:01 | イベント情報

仕事と、飲み友と、どっちも大事

いつまでもどこまでもついてきます。
はじめての本の仕事。

ただいま校正の真っただ中、
地図と格闘し、初校に朱書きを入れて……
穴があくほど見てもどこか抜けているんじゃないかと
落ち着かない気持ちになります、
なにせ心配性なうえザルなもので!!!

とはいえいつまでも抱えているわけにもいきません、
自分を信じて東京に戻しました。
これがもういちど戻ってきて
そうすればもう終わりはすぐそこです。

今週からはいつもの仕事、
そして新しい仕事も始まって
ますます落ち着きないけれど
よく食べて、よく寝て、よく笑って、がんばりたいです。

さて、仕事の合間に京都にて、
日本酒バーのあさくらさんへ初来店。
大好きな日本のワインバーたすく
たまたまごいっしょしたご縁の
3人で飲み(あ、いや店主は飲んでいなかったか?)
おもしろかったーー!

きっと話しが合うだろうなーと思っていたら
やっぱりそうでした。
飲み仲間ができるって幸せですね。

ここのところ仕事9割以上の生活ですけど
仕事でテンション上がっているときの、
社交の場ほどおもしろいもんはない!とも思うのです。
どっちもあって人生は楽しい。
[PR]
by ichinichisya | 2010-09-05 23:15 | 日々のこと

屋久島から、ただいま

今年2度目の屋久島旅から帰ってきました。
今回はプライベート!
唯一の夏休みらしい3日間でした。
f0045982_22503456.jpg

ずっと屋久島に行ってみたいと言っていた両親と、
仲良くしていただいている素敵なご夫婦と5人旅。
予想以上にいい旅で
一生懸命アテンドしたかいがありました。

しかし……旅の始まりはいきなり!
母からもらってずっと愛用していた鈴の紐が切れて!
出かける直前に玄関先でひーとなり、
ややへこんだ気持ちで空港に着いたらば、
屋久島行きの直行便が飛行機の整備不良で
飛ばないかもしれない!?と言われて……!!!

こんなこと初めてでした!
近づいているという台風のせいでなく
整備不良で飛ばないかもって……なんだそれという気持ち。

もし飛ばなかったら
鹿児島乗り継ぎに振り替え→到着が大幅に遅れてしまう…!
明日の便に振り替え→ホテルやらなんやら現地の予約は…!?
払い戻し……→現地でのキャンセル料はJALもち?じゃなく??

アタマをよぎるさまざまな憶測。
いやはやどうなるかと思いましたが
さすが同行者たちは50歳オーバー、みんな年の功です、
穏やかなごやかな雰囲気、
トラブルも笑い飛ばす余裕。
はー人生経験が違います。

そんなこんなで結局、ほぼ1時間後に
飛ぶという結果が出て、今度は大慌てでチェックイン!
そしたら2名が手荷物にはさみを入れていたという
ありえない面倒なことまで起こって
もうほんまだんだん笑えてきました。

なんかこういうトラブルがあったことで
よりいっそう旅がおもしろく
そしてありがたいものとなった気がします。

よくインドはよばれていくといいますが
屋久島にもそんなご縁を感じていて。
もちろん行きたい気持ちありきですけど
なかなか日程が合わず行けないという話しもよく聞くし
日数もお金もそれなりにかかりますから
やっぱりご縁があってたどり着く場所なのかななんて。

だからこそこうして旅することになるということは
何かしら屋久島から受け取るものがあるんじゃないかなって
これで3度目ですけどそんなふうに思えてしまう。

両親にもぜひ見てほしい景色だったので
元気にこうしていっしょに来られたのは
本当に嬉しかった。
飛行機の中でちょっと泣ける気分でした。

今回も短い滞在とはいえ
心はすっきりとして前向きになった気がします。
また行くからね!
[PR]
by ichinichisya | 2010-09-03 00:13 | 旅のはなし