タグ:スペースR ( 11 ) タグの人気記事

かもめ食堂 × caminoruta「おいしい器、おかずの時間」

f0045982_2250998.jpg

caminorutaの「毎日つかう、おいしい器」展最終日、
かもめ食堂 × caminoruta「おいしい器、おかずの時間」へ。

小鹿田焼の大皿にかもめ食堂さんのお惣菜がてんこ盛り!
生ビールの大盤振る舞いあり、たっぷりいただきました。

お代わりするほど大好きだったのは
赤玉ネギのポテサラ、夏野菜の揚げ浸し、ごぼうのミートローフ、鯵の南蛮漬け……
ごくふつうのおかずが本当においしかった!
お弁当に入ってたらどんなに嬉しいか!

おしゃべりも楽しく、空間も心地よく
ちょっとビアガーデンにいる気分でした。

最後の最後でお買いものも、
一日舎のワークショップのときいいなあと思ってた
ピッチャーが奇跡的に!?残っていたので即決。
仕事終わりで行けるかどうか微妙やったのですが
参加できてよかった。
楽しい時間をありがとう!
またイベントがあるときはここでご紹介できましたら。
[PR]
by ichinichisya | 2013-06-23 22:52 | イベント情報

一日舎×caminoruta「おいしい器、梅しごとの時間」ご報告

f0045982_001768.jpg

一日舎×caminoruta「おいしい器、梅しごとの時間」を開催しました。
梅のシロップでつくる、梅のグラノーラ。
オーブンで焼き込むのではなく
フライパンでオーツ麦を炒って
ナッツ類と共に梅シロップをしみこませます。

味わってみると梅の甘みと香りがしみわたって
さっぱりとしたおいしさ。
手作りっていいなあとあらためて。
momoさんお手製のフルーツで作るマチェドニアとヨーグルト、
梅シロップをお好みでかけて。
caminorutaセレクトの小鹿田焼のうつわとも
よく似合っていました。
f0045982_024186.jpg


ドリンクは1年ものの梅シロップのジュース。
1年ものと、3年ものの味比べもしていただいて
やる気になっていただけたのではないか!?と思います。

おみやげは梅シロップをおうちで仕込めば
再現していただける、特製グラノーラセット。
実際にオーツ麦を炒るところから
レシピを見てぜひ。
f0045982_082188.jpg


お越しくださったみなさま、お力になってくださったみなさま
本当にありがとうございました!
これからも日々を豊かにするものを伝えていけたら。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

caminoruta「毎日つかう、おいしい器」展は
芦屋のスペースRにて6月23日までです!
小鹿田焼の充実ぶりすごいです、
一日舎のジャム、六珈さんの珈琲豆、midiのパンツなどなど、ぜひご覧ください!

f0045982_052332.jpg

[PR]
by ichinichisya | 2013-06-10 21:35 | イベント情報

caminorutaの「毎日つかう、おいしい器」展スタート

いよいよ本日6月8日(土)から芦屋のSPACE Rにて
caminorutaの「毎日つかう、おいしい器」展がはじまります。
*写真は前回のものです*

caminorutaの店主きゅうちゃんは
お父さんのご実家が小鹿田焼の窯元です。
江戸時代中期、大分県の小鹿田ではじまり、
飛び鉋や刷毛目を受け継ぐ小鹿田焼は一子相伝!

どんなごはんも大らかに受け止める日用のうつわ。
ふだん気負わず使えるように手頃なお値段なのも嬉しい。

物心ついたときから小鹿田焼に親しんできた
店主のきゅうちゃんはその魅力も、うつわができるまでの道のりも
よくよく知っています。
ぜひお話ししてみてください、知ればさらに愛着がわきますよ!

f0045982_8575580.jpg

9日(日)には一日舎としてワークショップをさせていただくことになりまして
おかげさまで1部、2部共に満席となりました。
ありがとうございます。
一日舎のジャムは2種類を本日から販売します。

会期中は毎週日曜に食のスペシャルイベントがありますよ!
おいしいものとうつわのコラボをお楽しみに!→SPACE R

■acusu × 六珈 × caminoruta
「おいしい器、おやつの時間」 (要予約)

日時:6月16日(日) 11:00~12:30/14:00~15:30/17:00~18:30
定員:各8名様まで 参加費:2,800円(税込)

■かもめ食堂 × caminoruta
「おいしい器、おかずの時間」 (要予約)

日時:6月23日(日) 17:00~19:00
定員:30名様まで 参加費:3,500円(税込)

f0045982_8581069.jpg

写真はどちらも前回のもの、
芍薬を手におとずれたのが1年前、今年はどんなうつわと出会えるか、楽しみです。
[PR]
by ichinichisya | 2013-06-08 09:04 | イベント情報

一日舎×caminoruta「おいしい器、梅しごとの時間」

6月9日(日)芦屋のスペースRにて
一日舎×caminoruta「おいしい器、梅しごとの時間」
ワークショップを開催いたします!

f0045982_18383738.jpg

小鹿田焼を扱うオンラインショップ
caminorutaの「毎日つかう、おいしい器」展で
うつわの楽しみ方を提案できたらとはじまりました。

小鹿田焼は一子相伝で受け継がれるやきもの、
今も食卓にしっくりとなじみます。
初夏の梅しごとも暮らしの中でつづいているもの、
昔ながらの味もいいけれど、ちょっとアレンジして
今らしく楽しめたなら……

そんな想いで今回は
自家製の梅シロップをグラノーラにして楽しむ
ワークショップを開くことにしました。

梅シロップは本当にあると便利で
梅干しよりも梅酒よりもらくちん、
梅しごとデビューにおすすめです。

梅シロップを仕込むところから実演し、
グラノーラは実際にオーツ麦を炒ってもらったりもしながら
ドライフルーツやナッツなどなどとブレンドして
caminorutaのうつわで味わっていただき、
さらに、お家で梅シロップを仕込めば再現できる、おみやげ付き。

フクギドウタピエスタイルなどなどでジャムを販売するなど
気ままに!?活動する、わたし史上最高峰のくいしんぼう、
一日舎のmomoさんが案内役をいたします。

momoさんによるイメージ写真は
わたしが言うのもなんですが
おいしそうです……

楽しい時間となりますように。
詳細&お申し込みはスペースRのHPまで→
Lmaga.jpでもご紹介いただいてます!
[PR]
by ichinichisya | 2013-05-21 18:44 | イベント情報

水ナスの浅漬け

今日から9月、朝晩涼しくなってきましたね。

さて、昨年のスペースRでのイベントから、早1年近く経ちました。
はぁ、あっと言う間です。

先日、スペースRのワークショップに参加して頂いた方から、
きのこのオイル漬を使った炊き込みご飯のレシピについてのご質問を頂きました。
1年近く経つのに、忘れずに作ってみよう!と思って下さった事に感激しました。
質問の際に「イベントで食べた水ナスの浅漬けのレシピを教えて下さい」とリクエストも
頂きました。

そういえば「浅漬けレシピもアップしますね~!」とか言っておきながら、
1年近く宿題を放ったらかしにしておりました...申し訳ない。
ricoさん、リクエストありがとうございます。
あなたのおかげで、私、ホラ吹きにならずにすみました!(って1年越しですが...)

そこで、宿題が終わらないまま夏休み最後の日を迎えた磯野カツオ気分満喫で、
せっせと水ナスの浅漬けレシピをアップしてみました。
f0045982_135141.jpg


一日舎のうつわとごはんコーナーにアップしておりますが、
使っている器、実はフクギドウのものではありませんので、
くれぐれもフクギドウに「あの、ステキな器はありますか?」と問い合わせしないように...
フクギドウさんから、私がこっぴどく怒られます(ウソです)。
今回の器は、芦屋のうつわやBontonさんから、縁あって我が家にやって来た
一柳京子さんという作家さんの器です。
この作家さんの器、色合いや素材感に加えて、本当に使い勝手が良いのです。
ぜひ、機会があればお手に取って頂いて、その良さを実感して頂ければと思います。

...でも、すてきなフクギドウもお忘れなく~。
(momo)
[PR]
by ichinichisya | 2009-09-01 01:48 | たべもの

イベント終了、ありがとうございました!

3月15日で無事、スペースRでのイベントを終了し、
本日搬出も終え、またまた器たちが我が家へ帰ってきました。

期間中、ご来場、お買い上げくださいました皆様、
どうもありがとうございました!
前回に引き続き、ご来場くださった多くのお客様や
期間中ワークショップをしてくれた刺し子作家の平山路子さん、
白雪ふきんさんともご縁ができたことが、今回の大きな収穫。
この出会いが次へのステップへつながると感じています。
本当にありがとうございました。
引き続き、リアルショップ、フクギドウ立ち上げに向けて頑張ります!

※期間中ご覧いただいた商品は、順次フクギドウWEBSHOPにアップしていきます。
やちむんや手吹きガラス太田潤さんのガラスの器、小石原焼など
まだまだたくさん掘り出し物&おすすめがございますので、お楽しみに!

(klokken)
[PR]
by ichinichisya | 2009-03-16 16:54 | イベント情報

白雪ふきん展 いよいよ大づめです

f0045982_2225648.jpg

スペースR×一日舍『毎日使うもの 白雪ふきん展』はいよいよ明日が最終日です。
今回は長いスパンの展示でした。ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。

最後の土曜、klokkenさんとふたり、
雨が上がって日の差し始めた午後を過ごしました。
前回のイベントにも来てくださった方にふたたびお越しいただいたり
会期中に何度か足を運んでくださったお客さまもあり
友だちからの差し入れもうれしくて。
ハッピーサプライズが本日もいっぱいありました。
わたしは夕方から予定があったもので
せっかく来てくださったのにお会いできなかった方もあって
すみません、ありがとうございました!

一日舍の料理番momoさん手作りの生姜のはちみつ漬けはおかげさまで本日完売、
一日舍で取り寄せた出雲の生姜糖、田舎羊羹もすべてなくなりました。
お買い求めいただきありがとうございました。
作り手の真心を感じる味、楽しんでいただけたなら幸いです。

スペースRのマネージャーさんともゆっくりお話ができて
またなにかしらおもしろいことができたら。
イベントはいつもの仕事とはまた違うたいへんなこともありますが
予想外のうれしいこと、思いがけない出会い、
そして、まわりにいてくれる人たちの温かさもあらためて感じることができる、
ふだんとは違う喜びが多々もたらされます。
この経験を糧にまたご縁をつなげていけたら。
ひさしぶりに新鮮な空気を吸った気分です。

明日の最終日は一日舍メンバーはうかがえないのですが
お近くまでお越しの際は、この期間だけのコラボを楽しんでいただきたく!
わたしは最後に、白雪ふきんの麻入りと、うきはの梅干しを買いました。
明日の営業は夜7時まで、最後までどうぞよろしくお願いいたします。
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2009-03-14 22:47 | イベント情報

白雪ふきん展 次回は土曜に

f0045982_18203710.jpg

スペースR×一日舍『毎日使うもの 白雪ふきん展』は
3月15日まで、今週いっぱいとなりました。

私たちはそれぞれ本業があるため
あまり顔が出せなくてもうしわけないのですが
芳名帳を見返して「ああ来ていただいたんだ!」と嬉しく、
「空間を気に入りました」と言葉を添えてくださる方もあって
ページをめくるのがいつも楽しみです。

晴れた日は午後から日だまりができてとても暖か、
ゆっくりとご覧いただけたらうれしいです。

一日舍メンバーは3月14日(土)の午後、
orange99とklokkenが在廊の予定です。
お近くまでお越しのことがありましたらぜひお立ち寄りください。
白雪ふきん、器、それからおいしい食材、
毎日使いたいものがお待ちしています。

写真は丹波に窯を築く、平山元康さんの器。
飴色がとてもきれいで、凛としたたたずまい。
ガラスは太田潤さん作。

実はもうないものもありますが! 
平山さんの器は前回まだ取り扱い前だったので
ぜひこの機会に手にとっていただけたら。
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2009-03-11 18:31 | イベント情報

白雪ふきん展 生姜のはちみつ漬けのご案内

スペースR×一日舍
『毎日使うもの 白雪ふきん展』
いよいよ今週末から始まります!

WEBSHOP「一日舍」の器を手に取っていただくチャンスなので
ぜひのぞきにいらしてくださいまし!
そして、一日舍の料理番momoさん手作りの
生姜のはちみつ漬けもお目見えします。

『一日舍 手仕事のある暮らし展』でご好評いただいた
はちみつ生姜ドリンクは、これで作ったもの。
お湯を差してホットドリンクにしてもいいし、
炭酸水で割ってもおいしい。
ヨーグルトやアイスクリームとも合います。

今回の限定販売は、はちみつ漬けした生姜とりんごのケーキのレシピ付き。
手作りで仕込んでいるので数に限りがありますので
お早めに、売り切れ次第販売は終了です。

それからイベントについては、SAVVYとエルアイにご紹介いただきました。
いつもお世話になっています、ありがとうございました。

初日となる2月28日(土)、それから3月1日(日)は3人とも在廊します。
(時間帯によっていないメンバーもありますのでくわしくは各人に…!)
みなさまのお越しをお待ちしております!(orange99)

f0045982_22503978.jpg

[PR]
by ichinichisya | 2009-02-25 23:02 | イベント情報

幸せな時間を、ありがとうございました。

f0045982_23222394.jpg
昨日でイベントを終え、
今日はひとり、真白な空間に戻ったギャラリーで
大切な器たちを搬出してきました。
あまりにガラーンとしていたんで、
昨日までの幸せなリアルショップが夢だったんじゃないかと
心にポッカリ穴があいたみたいです。

こんなにもさみしいと思えるくらいに
9日間のリアルショップは心地よい空間でした。
WEBSHOPでお買いものくださっていた方が
ギャラリーやワークショップに来てくださったこと、
お話できたことは本当に嬉しかったですし、
わざわざ楽しみにお越しいただいたこと、ありがたかったです。
またはじめましての方々との出会いも楽しく、
階段を上がってきて開口一番「素敵~!」と言っていただくたびに
ニヤニヤ嬉しく思っていました。

それに今回初めて、
様々な方にご協力いただきながら
こういうイベントを企画・運営させていただいて
自分が情熱を傾けられることには、
ちょっとくらい踏んばったり頑張ったりできるな、とか
好きなものが似ている人とつながることの楽しさを実感したり、
そういう人たちと、また何か違うことを表現したいと思ったり。
頑張った分だけ大きな収穫もあったし、
頑張ったからこそ、次が見えてきたようにも思います。

本当に幸せな時間を、ありがとうございました。
ご来場、お買い上げいただいた皆様、
ご協力いただいたすべての皆様に感謝します。
ありがとうございました!

p.s.
イベントでご覧いただいた、やちむんや手織り布、
また小代焼ふもと窯・井上尚之さんのスリップと小石原焼の一部は
順次WEBSHOPにアップしていく予定です。
ただし…、後片付けが山のようなので、
気長にお待ちいただければ幸いです。
(klokken)
[PR]
by ichinichisya | 2008-10-06 23:22 | イベント情報