いちじく愛おしい秋の夕べ

いつのまにか肌寒くなって
空に浮かぶ雲のカタチも秋らしくなりました。

いま毎日の楽しみがいちじく。
京都の実家で母親が晩ごはんの
デザートに出してくれて
豊潤な甘味のトリコとなったのです。

ひさびさに再会したスタイリストさんからも
いちじくのコンフィチュールをおすそわけしてもらって
今年はいちじくの当たり年。
バニラといっしょに贅沢にいただきました、
温かなほうじ茶も用意して。
そうそう、はちみつバターのトーストとも。

そういえば1年前のスペースR
『一日舍 手仕事のある暮らし展』
momoさんのワークショップでも作ってもらいましたね。
なつかしいなあ、もう1年だなんて信じられない。

いちじくの熟れ熟れな感じ、
ほかの果実では決して味わえない
柔らかさとのどごし。
冷やしたのをつるっとむいてかぶりつく。
ああ、幸せ。

このあいだまでスイカに夢中だったくせに
勝手なもんですが
実りの秋はくいしんぼうにとってたまらぬ季節です。
梨、栗、柿。ああ。楽しみは尽きず。
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2009-09-10 23:12 | たべもの


<< オリーブは乙女の原点 晴れて、GOサインです >>