風が強く吹いている

めずらしくちゃっちゃと
午前中のうちに書き仕事をすませて
午後から映画3本勝負!!!

観ているだけとはいえ
ひさびさの3本連続は体力消耗しました。
とくダネ!の血液型選手権で
今日のA型は体力アリ!となってたんで
がんばってみたのですがくたくたです。

3本勝負の中でも観たかったのが
『風が強く吹いている』
三浦しをんの原作がすこぶるおもしろくて
どうしても映画がどうなってるか観たかったのです!

箱根駅伝に陸上経験があまりないメンバーもいる中、
ぎりぎりの10人で挑戦する話なんですけどね、
ほんまに箱根駅伝を見る目が変わる力作です。

映画ですべてをカタチにするとまとまりにくくなるのでしょう、
やはり原作から抽出したスタイルでしたが
それでも映像のチカラは大きいですねー。

天才ランナーのカケルを演じる
林遣都くんの走りが素晴らしくて
その姿だけで涙がこぼれるほどでした。
さぞや訓練したのでしょう、美しすぎる。
どんなことであれ全力で打ち込む姿は感動的です。

遣都くんの顔もぐっと引き締まっていて!
10月10日公開の『引き出しの中のラブレター』では
ほんとにフツウの、なんだったら頼りない男の子役だったのに
顔がぜんぜん違う。研ぎすまされたランナーの顔をしていた。
さすが若手の注目株、先が楽しみでなりません!

そしてもう一人の主人公、
リーダーのハイジ役が小出恵介というのは
すみません、ピンと来てなかったんですけど
ちゃんとハイジでした!
彼は声が素敵ですね、はじめて気づきました。

映画を観る方にはぜひぜひ原作も読んでいただきたい!
やはりこの作品は原作あってこそなのです。
もう初っ端のカケルとハイジの出会いからしてしびれましたから。

夏にもやりましたが
せっかくいっぱい観ているので、また折りをみて
大人乙女のための映画案内 秋編を書き留めたいと思います!
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2009-09-17 23:10 | 映画のはなし


<< フクギドウ 沖縄やちむん展 ホルモンやまちゃん >>