屋久島の旅便り 3

心を屋久島に戻して仕事しました、
一日がかり、スローすぎる。
書かなければと思うものが多いと
折り合いをつけるのがなかなかたいへんで。
これはこっちに、このことはあっちにとか
そういった配分もあるのですよ。

f0045982_23324436.jpg

縄文杉の道すがら何度も会った
屋久鹿さん。

かわゆいんです。
小柄でつぶらな瞳。
すごくおとなしいの。
じーっとしてるから調子に乗って撮影していたらば
「この道を通りたいから我々が行きすぎるのを待ってるんですよね」とガイドさん。
あ、そうなんかいな、ごめん!
おとなしく待ってるなんて…ますます好きになりました。

わざわざ縄文杉トレッキングしなくても
白谷雲水峡もヤクスギランドもあるし
体力なし乙女も十分そこでヒーリングできるから
いいんちゃうの?なんて思ってましたが
みなさん、やっぱり行くべきですよ。
いいことたくさんありました。

富士山と同じく、登山慣れした人よりも
私みたいなへなちょことか
ふだん山に親しんでいない人にこそおすすめします。
道はたいへんやけどたいへんやからいいねんね。
得るものがあるし、心に残る。
f0045982_2354918.jpg

感動した秘密の沢。
きれいやったし、冒険やったな……
ああなんか書き足らないのか!?
いまやり終えたばかりなのに(笑)

心はまだ屋久島に行ったまんまなのだ。
また掲載誌が出たらもう少しご案内できたら。
(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2010-04-09 23:56 | 旅のはなし


<< 冷水希三子×エルマーズグリーン... 花まつりの日に >>