ダ・ヴィンチ・コード

f0045982_11521145.jpg例にもれず…深夜3時まで夢中で駆け抜けて、読破! 映画の予告編と大ヒットしかアタマになく読んだので、おどろおどろしい話しかと思えば、歴史&美術好きをわくわくさせる謎かけの連続で、何度もページを読み返しては知らない言葉を検索したり…。まるっきり旅人の気持ちでした。

最終巻はちょい冒険ロマン色が強くて、インディ・ジョーンズ的な終幕でしたが…、それにしても!さすが!ヨーロッパの歴史の重みをアジアの片隅でかみしめました。とくに女性はきっと読むと自分の奥底にある炎がちりちり音を立てるはず。はあ、壮大なストーリーだったけに次に何を読むか思案中、このノリのものを読みたい!(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2006-04-14 12:11 | 本のはなし


<< モノクロの玉ねぎ 釜山ごはん >>