本の価値はどこにある?

f0045982_20282944.jpg引っ越しの真っ最中…ではなく、graf media gm「tenants」展に参加する、『cow books』吉田茂さんの展示“本でいっぱいの部屋/部屋いっぱいの本”です。山積みされた本は自分で好きに値段をつけて購入よし、なうえに、重さを量って同じ重さの本と交換してよいのです。おもしろくないですか!? 古着の量り売りってあるけどね。重さを基準に本を扱うって、ないでしょ。入れ替わりつつも重さのうえではそこにある本はずっと辻褄があってるという…。訪れた時は『きょうの猫村さん』しかも2巻!を山から探し当て、自分の本と交換する人を目撃。うらやまし〜借りて読んだけど欲しかったぞ。曰く「読んだらまた交換しに来ようかな」だって。そうか、そんな図書館的楽しみもありなのか。
7/12まで、なんとか時間つくって本を抱えていきたいよな〜。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2006-07-06 20:51 | アートのはなし


<< 愛すべき雑貨屋さん 愛すべきパン >>