恋しくて、やっと。

f0045982_1628272.jpgはじめて訪れた春以来、ようやく行けました! 三田にある『パティスリー シュエット』。三田方面で仕事が入ったら絶対行ってやる〜と息巻いてましたがそんなチャンスなく、自分から「ここいいですよ」と編集者をけしかけて仕事を入れました。だってここのお菓子が食べたかったんだもの! 今回はゆっくりとお話しもできて、ますます好きになりました(このブログに以前、ここのクレーム・アンジェのことを書いたの、パティシエが見てくださってて、はずかしいやら有難いやらでした)。買う気まんまん、仕事そっちのけでショーケースをガン見ですよ。お客さんが来るたび「ああ〜あんまり買わないで!」と心で願いました。で、ひさびさに味わえたわけですが、やっぱり美味しかった!



f0045982_16501169.jpg関西は果物てんこもりの大盤振る舞いなケーキが主流ですが、東京の『パティシエ シマ』で修業した彼女は、小ぶりで美味しさを凝縮したケーキを作ってます。だからひと匙ごとに一体感がある。時にチョコレートが濃く、時にキャラメルが香ばしく香り、ひと匙ごとに微妙な変化がありながら、一体感のある旋律が奏でられてクライマックスまでぶれない。そして見事なのが余韻。香りが長く残り、でも甘さにくどさなくキレがある。ケーキ好きにとって、この余韻は至福の時。ぱぱっとおしゃべりしながらいつの間にか食べちゃうんでなく、味わいながら食べたいケーキです。快感に溺れたのは、最近始めたというパリブレスト、チョコバナナなど。日持ちのする焼き菓子も買ってあるんだ♪ わ〜い。今度はいつ行けるかしら!?(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2006-10-20 16:55 | たべもの


<< 山ヨガ おいしさの秘密 >>