『鉄コン筋クリート』

食わず嫌いはあかんなあ。
期待していて失望する経験をすると
だんだん先入観が強くなって
食わず嫌いしてしまうことがある。

今日、試写で観た『鉄コン筋クリート』
危うくそうなるところでした。
松本大洋原作の漫画をアメリカ人監督が
日本のアニメーションクリエイターと作り上げた作品。
…ね、マニアックかと敬遠しそうだったんですよ。
でもね、すごくよかったです。
とても切なくて濃密な作品です。
言葉にするのはむずかしい作品だけど
ウルサイ型どおりの理屈や着地点でなく、
アタマでなく心を動かされました。本能というか…。

声は主人公のクロを二宮和也、シロを蒼井優。
ふたり、もとい声優陣も全員、素晴らしくよかった。
錚々たるメンバーなんですよ、伊勢谷友介、クドカン、大森南朋…
ふつう「あ、あの人の声や…」とか邪念が入りがちなんですけど
それぞれがそこを感じさせず、そのキャラになってました。スゴイ。
『メゾンドヒミコ』のヒミコ役、田中泯演じるヤクザ鈴木はとくに
ニヒルで格好いいです。

原作ファンはみんな、何度も読み返すと言います。
予定調和な答えはない、だからこそ何度も読みたくなるのだろうな。
たくさんの人が共鳴した作品にはやっぱり強い力がある。
アニメやから、マニアックやから、原作知らないから…
そんな食わず嫌い、もったいないです。
12月23日公開、ぜひ。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2006-11-10 00:31 | 映画のはなし


<< バランスボール活用術 湯の花温泉 >>