『brut』のこと

f0045982_22245013.jpgklokken さんと新年初ランチ→カロブックストア&カフェでお茶。彼女はカロで雑誌『brut』を購入してくれました。『brut』は図書喫茶ダーチャのみんなと1年がかりで作った雑誌です。障害のある人たちの表現、絵画や音楽や雑貨、そして作り手たちを紹介したくて始めました。海外ではアールブリュット、アウトサイダーアートと呼ばれています。わたしは、突き抜けたように破天荒な絵画や雑貨のおもしろさから親しみを持って、作業所を訪ねてまた、強烈なエネルギーにビビビとやられました。雑誌ができるまではホントに山あり谷ありだったし、これでよかったのだろうか?と自問自答するとこともあるのですが、手にとってくださった方々から感想をいただいて、なんやかんやはともあれ、やってみることの意義を感じています。見てくださる方、共感してくださる方があるって、本当にうれしいことです。取り扱い店もまだ少ないですが、先入観抜きでいろんな方々にふれてもらえたら。ダーチャでももちろん取り扱ってます。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2007-01-11 22:43 | 本のはなし


<< 初めての落語 キムチ鍋が食べたい理由 >>