いたいけなスズメ、でも。

お昼ごはんののち、最近とみに増えたセルフカフェへ。
窓際の席を確保し、考え事をしていると目の前を黒い一群がかすめました。
よく見れば、おじさんにえさをもらったスズメの一団。
自分の自転車を止めた真後ろ、裸ん坊の木がスズメの止まり木になっているよう。
不謹慎にもこのあいだ「小さな骨の動物園展」で見た、スズメちゃんの骨姿を思い出し
心の中で重ねながら時折見ていると、ああ!おかまいなしに自転車を停める人が!
足もとにちゅんちゅんとえさをついばむ、いたいけなスズメちゃんがいるのにぃ。
きっと全然、見えてないんだろうな。
わたしは歩いていてもちっちゃいことに気づきたい!なんて思ったわけですよ。
ところが、飲み終えて自分の自転車に戻ると…がーん。スズメの糞が!
……可愛いと思ったこと、撤回しそうになりました。
気持ちの移り変わりって、早いですね。(orange99)
[PR]
by ichinichisya | 2006-02-15 20:10 | 日々のこと


<< 手仕事の生活道具たち アメリカ・インディアンはうたう... >>